わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP乾癬治療の思索行 ≫ 今の乾癬の状態

今の乾癬の状態

昨夜は、
近所の温泉銭湯「久松湯」に行った。

肩凝りからくる頭痛を解消したかったのだ。
温泉の露天風呂に9分入った後
炭酸泉に10分、そしてお目当ての
電気風呂に入った。
この刺激が肩凝りや頭痛にいいのだ。

その刺激は3種類あって、
心臓の弱い人はやらない方がいい。

そして身体を洗っていりときに気づいたが、
胸から腹にかけてはだいぶ元に戻ってきて
いるが、背中から腰、臀部にかけて、
まだまだまだ乾癬の痕跡が生々しく、
完治していない、と分かった。

仰向けで寝ていることから背面と腰、
そして重心に近い臀部が、ウィルスに
侵された白血球のハケ口にならざるえない、、
のだろう、、と見切った。

なので、気を緩めず、
ドボネックスとトプシムとヒルロイドを
混ぜ合わせた軟膏を塗り込もう、、

皮脂膜の下の表皮は、
角層とランゲルハンス細胞と
表皮細胞からなる。

表皮の深くで、増えた表皮細胞は、層状になって
順番に体表側に押され、表皮細胞は死んだあと、
角層を形成する。

角層は、皮脂膜の下はスポンジ層、
その下は水分保持層、さらにその下の
バリアー層からなっている。

また、角層のすぐ下で作られる「フィラグリン」
というタンパク質は、分解されて角層の
保湿因子になる。

中断する。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();