わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 必携の万歩計

必携の万歩計

2月は10km以上歩いた日が、15日あった。
なので3月のそれは、16日にしよう。

さらに雨の日は除き、
最低でも6km以上歩くことを課す。

1月は累計で235.84kmを歩いた。
2月は累計で242.27kmを歩いた。
総計で、478.11kmを歩いたことになる。

北海道の襟裳岬から宗谷岬まで555kmというから、
3月上旬には555kmは達成する。

そんなわけで、万歩計は必携になった。
歩数は気にせず、歩行距離をチェックしている。

朝、万歩計をポケットに入れ忘れて、
犬の散歩の途中で気づくと、ガッカリする。

歩くコースは決まっている。
石神井川の側道の2kmがメインだ。
ジョギングする人たちが必ず、いる。

でも、わたしは走らない。
ジョギングのいでたちをしたくない。
カタチから入るのは、性にあわない。

武蔵野赤十字病院の担当A医師は
「走らなくていいです。歩いてください。
それも30分以上を」と言われていたが、

今、その通りだと、思っている。

1987年に、ハワイのホノルルマラソンを走ったが、
タイムは7時間12分と、ひどい結果だった。

追記、この年のマラソンは、前日からの小雨で、
すぐに体力が消耗しまい、走りは10kmだけで、
あとはひたすら歩いた。路上のあちこちに、
大きなカエルの死骸があって、頭がフラフラしてきて、
こりゃ死の行軍、、みたいな気分に陥った。

頭の中で、反芻していた言葉は
「戦争は、もう、絶対にいけないことだ。」
重い装備を背負い、戦闘のための歩きは、
それだけで十分、悲惨な光景なんだ、、
と確信した。

今月15日に、新宿から青梅までの43kmを
歩く大会に参加するが、9時間は切りたいものだ。

さて、右膝がもつか、心もとない。

けど、リタイヤはしない。

夜、43km歩きの準備として、ミネ薬局で、
ブドウ糖のタブレットのものを買っておいた。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();