わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP健康と病いのこと ≫ 腸内フローラ(腸内菌)と「第二の脳」

腸内フローラ(腸内菌)と「第二の脳」

NHKスペシャル 2月22日に放送された
腸内フローラ(腸内菌)を見た。

腸内細菌は、人体60兆細胞より多く、
100兆が小腸と大腸に棲息する。

そしてガン、糖尿病、肥満、アレルギーなどと深く関わっていることが、5年前から分かってきた、という。

以下、要旨をコピペする。

めまいなど全身の倦怠感を患った患者が腸内細菌を入れ替えると、とても元気に回復した。あと、美容にも肌のシワが減少。「老化防止」「健康増進」解明、驚異の細菌パワー。なんと脳へまで性格や感情を変える力がある。

脳と腸内細菌の関係がこれからの研究で想像以上にわかってくるだろう(精神科医)

おなかの中にいる腸内細菌は100兆以上。腸内フローラは全身の健康を決める!

ジェフリー・ゴードン ワシントン大学 医師・生物学者

肥満の人と痩せている人の腸内細菌をマウスに移植した場合、肥満の人の腸内細菌のほうのマウスは太ってしまった。肥満の人の腸内で少なくなっていた菌が影響したといえる。
その肥満の人が腸内で少なくなっていた菌は「バクテロイデス」。この「バクテロイデス」には肥満を防ぐ菌があったのです。菌が私達が食べたものから栄養をとって出すものが私達の体に重要な作用がある。
そこから出すものとは「短鎖脂肪酸」であり、これが肥満を防ぐ。

全身に血管から運ばれる短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みが止まる。
つまり脂肪細胞が太らない。肥満を防ぐ。

短鎖脂肪酸には別の役割もあり、筋肉などに作用して脂肪を燃やす働きもある。

短鎖脂肪酸とは、脂肪の蓄積を減らし、脂肪の消費を増やし、なんと!全身のエネルギーのコントロールを腸内細菌が行っていたのだ。

その他の腸内細菌もいろんな効果があることが分かってきた。
薄毛予防、老化予防、糖尿病予防、貧血予防、血栓予防、アレルギー予防、肥満予防など。

老化予防
藤田保健衛生大学 皮膚科医 松永佳世子さん
腸内細菌が出す物質が肌の若さを保つことを実証した。その細菌は女性ホルモンに似た「エクオール」という物質を出す。

実験では更年期の女性67人にエクオールを飲んでもらい追跡調査した。
エクオールを飲んだ女性はシワが浅くなっていった。
シワを改善するエクオールは大豆を腸内細菌が分解し

エクエルは、大豆を乳酸菌で発酵させて作ったエクオール供給食品。
エクオールは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内菌の力を借り、変換されて生み出される。ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをするといわれている。

腸内細菌がエクオールを出し肌のコラーゲンを増やした結果シワが薄くなったと言われている。
線維芽細胞の働きをあげて肌のハリに期待できる。

エクオールには、更年期の女性の顔のほてり、しわ、骨密度の低下を防ぐと報告されています。
腸内菌は健康と美容に欠かせない菌だったのだ。
腸内フローラは体の一部といってよい。バクテロイデスを増やす方法は、キーワードは食物繊維。
実は食物繊維は腸内細菌のエサになる。

エサとなる食物繊維が不足すると腸内細菌のパワーが落ちる。

腸内細菌のエサとなる食物繊維は、ごぼう、たまねぎ、アスパラガスなどの野菜。納豆、大豆などの豆類。

体質は腸内細菌が決めているかもしれない。野菜や大豆食べたいと思う。

糖尿病にも短鎖脂肪酸が深く関わっているそうで、短鎖脂肪酸が減るとインスリンも減るという。
短鎖脂肪酸を増やしたい。
フランク・グリーンウエイさん
ルイジアナ州大学 糖尿病専門医
菌を増やす薬を飲んだ人は食後のインスリンの量が増えていました。
なんと、この実験から腸内菌を増やせば糖尿病を改善できることがわかりました。

腸内フローラを変えるという糖尿病治療は大きく進歩するでしょう。
がんにも腸内細菌が関わっている。
がん患者の便から腸内フローラーを調べたらガンを引き起こすと思われる新種の菌が発見されました。

その菌をアリアケ菌と名づけました。
アリアケ菌が出す物質が「DCA」といいます。

「DCA」がガンを作ります。
この物質は細胞の老化を引き起こします。老化した細胞は発がん物質を撒き散らしガンを作るのです。

この研究は科学雑誌サイエンスで世界中の注目を浴びてます。
また、肥満になるとアリアケ菌が増える。

肥満がガンに関係がある重要な発見でした。

がん研究会 分子生物学者 原英二さん

アリアケ菌は増やさないこと。
肥満とがんとの関係が裏付けられた。
それが腸内細菌の原因の1つと言われています。

ナッツ菌 これは良い菌
日本人の腸内から発見された菌
前立腺がん予防効果が期待されている。

生活環境と腸内環境を整えることが重要です。
原因がわからない病気など腸内細菌がかかわっていることが多いかもしれない。

これからの治療や医療がかわる新しい治療がはじまるかもしれない。

ある女性がある特定の腸内菌が繁殖してその腸内菌が出す物質が全身にまわりいろんな不具合が発生した亡くなることもある。その時にした治療が「便微生物移植=健康な人の腸内フローラをそのまま移植する」新治療。

動けないような人がこの便微生物移植をした後、すぐに調子が良くなったという。

今度は脳に。
腸内フローラは脳に、性格までも変える?

臆病マウスと活発マウスが段差を降りる実験。
臆病マウスは降りることができませんでした。

そこで遺伝子ではなく腸内フローラが関係していることがわかった。
臆病マウスと活発マウスの腸内フローラの細菌を交換してみたら
臆病マウスが降りることができ、活発マウスは降りるのに時間がかかるようになりました。

性格が変わったといえるでしょう。
コミュニケーション能力が低いマウスの血液から腸内細菌が作る「4EPS」という物質がありました。
それが脳に悪影響を与えていると考えられ、除去するとコミュニケーション能力が上がりました。

腸内細菌が脳に作用する事実がわかりました。

腸は脳の次に神経が多い腸内神経系と呼ばれています。
腸から出た信号が脳に作用して感情出ることがあるという。

うつや不安などうつ病にも役立てることができるかもしれない。
今、うつ病の患者が心の不調が治る可能性が出てきた。
今後、うつ病の治療に腸内フローラが関係してくるでしょう。

性格まで変わるというのはすごいことですね。
腸の腸内菌があらゆることに作用しているというのがすごい。
どうやったら良い腸内細菌を選ぶことができるのだろうか

もともとお腹にいるときの赤ちゃんは腸内菌を持っていない。
誕生の瞬間から菌を得る。
入ってきた菌がすべて住めるわけじゃない。
体が分別している。


以上だ。そうなると、私の場合、
5年前から豆乳を毎日飲むようにしていたが、
腸内フローラは歓迎してくれていたことになる。

腸内フローラは、人の生後に腸内に取り込まれる他者であり、そこから人の健康に保つ物質が生まれ、供給されるわけで、他者に依存して生きている事実は、生命の本質にかかわることに違いない。
生命は、自力と他力を合わせたものかもしれない。

さらに「第二の脳」で検索したものを、
コピペすると、、

腸が「セカンド・ブレイン=第2の脳」といわれる。
ここで大切な事は、腸の賢い働きは、脳や脊髄から独立して営んでいること。

その証拠に交通事故で脊髄を損傷して、脳が働かなくなって植物人間のように脳死の状態になっても、
腸は正常に働き続けるらしい。
脳に存在しているはずの神経伝達物質「セロトニン」が腸にも存在する。しかも、何と体内のセロトニンの95%が腸で作られて

腸は心臓よりずっと賢く、豊かな感情を持っている。
脳や脊髄からの指令がなくとも反射を起こさせる内在性神経系を持っている臓器は腸だけである。


以上だ。
もしかすると、生物の歴史を踏まえると、腸こそ、第一の脳であり、原動力は他者である腸内フローラ。逆に私たちの脳は、第二の脳なのかもしれない。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();