わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP第二子のこと ≫ 生後2ヶ月がたった第二子のこと

生後2ヶ月がたった第二子のこと

2014年12月16日に生まれた次女Rは、
順風満帆に育っている。

生後40日を過ぎた1月26日から、
生理的微笑ではない笑いを
するようになった。

私の顔を見て微笑むのだ。
これがたまらなく、嬉しい。

写メを貼りたいところだが、
家内にとめられている。

長女Hも可愛かったが、次女も
引けを取らない可愛いさがある。
まったく親バカだ、、

とりわけ朝が、よく笑顔になる。
「マー、ミー、ムー、メー、モ」と
呼びかけに、微笑んでくれる。

マ行は、「とても大きな存在、
自分が生まれてきた場所などを
思い出せる効果がある」と、
ある脳科学者が書いている。

あと「プルプルプル」の擬音にも
反応して、笑ってくれる。

2月25日頃から、指しゃぶりを
始めた。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();