わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP三好秀征先生との対話 ≫ 10月診察予定の質問事項

10月診察予定の質問事項

今度の土曜、自宅近くのM医院で、東大病院から来られているM医師の診察を受けます。

そこで、その際に質問することを、徐々に書きとめることにします。
全く、自分の備忘のためです。お赦しください。

質問1.
M医院では、先月強ミノの注射をしたら、ミノファーゲン本舗の強ミノではなく、ファイザー製薬のジェネリック?の強ミノの注射に切り替わってて、躊躇はあったものの、注射してもらいました。

その値段は、先発のミノファーゲン本舗のものとあまり変わりなく、安くはないのですが、

良い点は、注射器にあらかじめ薬剤が入ったカタチで製品化されていて、衛生的でかつ効率的なことです。

かつ注射針がかなり細くなっているようで、痛みはそれほど感じませんでした。

心配なのは、肝臓専門医の権威である飯野四郎先生が、その著書で強ミノのジェネリックは危険である、と警鐘を鳴らされていることです。

曰く「安い類似品に取り替えたりすると、GOT・GPTがまた上がってきます!」と断定的に、ミノファーゲン本舗以外の製品に対して否定する立場を貫かれています。

飯野先生はそもそもジェネリック薬に対して批判的で、実際に、飯野先生の診察を受けお聞きしたときも、「ありえない!」という表情で、かなりお怒りの様子でした。

そこで、M先生は、強ミノのジェネリック、とりわけM医院が導入しているファイザー製薬の強ミノについては、どう思われますか?という質問をします。

質問2.は、明日以降で。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();