わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 人生は変容の連鎖

人生は変容の連鎖

金曜、東京は朝から雪が降り、
そのせいか左肩から首にかけて
痛みがはしった。

夕方、マッサージではなく、
近所の温泉銭湯久松湯に行った。

久松湯の泉質は、
ナトリウム一塩化物強塩温泉、
高張性中性温泉である。

先日、冷え性には塩化系の温泉は
効果があると知ったが、その通りだった。
翌朝も、体の芯が温かい感じがした。

土曜、半年ぶりに三鷹まで、髪を切りに
行った。ヘナで髪を黒くもしたかった。
生後間もない次女のためだ。
鏡を見ると、老けて、痩せた自分の顔を
実感した。変容は日々続いている。

その後、吉祥寺に生き、
気圧調整ルームに、1時間入った。

ここは1年ぶりの再訪だが、
ここの装置が立川にあった頃の
女性オーナーががんで亡くなったことを
知るスタッフはいなかった。

変容していっても、話は連綿とは
続かないものだな、、と感じた。

だが、
そのあと寒風のなか、西荻窪に行き、
アロマフレッシュの安藤久蔵さんが、
来客と対話しているところを、見た。
外からの確認にすぎないが、晴れやかな、
うれしい気分になった。このまま、
2月5日になれば安藤さんは104歳となる。
すごい人だ。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();