わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 忘年会に出た

忘年会に出た

肝炎治療後の経過観察中なので、
できるだけ酒宴は避けていたが、
昨日は、かれこれ30年は続いている会の
忘年会に参加した。ほとんど還暦の連中。

芝居明けの役者、
千葉にセカンドハウスを建てたコピーライター
アパレル系の取締役を退任して、北海道に
憧れる人とか、、幸い、今のところ、
亡くなった人はいない。

はじめに、
16日に生まれた次女のことで、
みなが乾杯してくれた。

けれど、
まったく、、どうするの、
おまえが80歳で、二十歳になるなんて、、
と飽きられもした。すでに
みなは。それぞれ孫が生まれたことを
話題にしていた。

20人弱の集まりなので、
離れていても、ほぼ、話は見える。

宴を俯瞰するように、静かに眺めていて、
思ったことは、、

1.みな同じ時計を持っていても、
身体を流れている時間は、、
それぞれ違うな。

2.自分の場合は100年という人生スパンで
生きている、と感じている。英国の哲学者
ホワイトヘッドが宇宙の時間は千変万化、
多様であると言っていたが、それは地上の
人間たちにも言えるのだ。重い病気を経験して、
60兆円細胞を感じたわたしには、100年の
人生スパンがはっきり感じるようになっている。
宴の中で、あらためてそう感じた。

3.若いとき、睡眠時間が短い生活を
してきた人は、、表層の老いが明らかだな。

4.酒は、控えよう。
身体によくないとわかっていたのだ。
イスラム教の禁酒は、その洞察があった。
準禁酒を旨としよう。

さて、来年の12月30日の宴は、
わたしも、みんなもどうなるか、

たぶん、65歳までは
毎年、同じように集まれる気がする。

Comment

ご訪問、大歓迎です、
編集
コメントくださり、
ありがとうございます。

わたしのブログは、
未来の自分に向けての
独白のようなもので、

わたしの思い込みの度合いは
80パーセントでやっています。
けど、残り20パーセントは俯瞰の余地を
意識しようと決めています。

これからも、よろしくご訪問のほど、
お願いします。
2015年01月14日(Wed) 22:59
ブログ拝見しました
編集
翔望(syo-fu)と言います。

色んな方のブログを拝見して勉強しています。
貴方のサイトも大変参考になりました。

こうして訪問できるってとても良いことですね。
自分の知らない方のブログを拝見するのが楽しいです。

これからも期待応援したいと思います。
応援ポチします!
頑張ってください!!




ありがとうございました。
2015年01月14日(Wed) 14:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();