わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 気力が湧いて来る?

気力が湧いて来る?

昨日、肝炎治療したわけで、
11月20日の今日がSVR1日目になるので
先日書いたことは訂正し、
SVR100日は平成25年2月28日になる。
2月末日、締めとして、ちょうどいい。
その近くで、ウィルス検査をしたいものだ。

札幌の川西先生のブログに、
お礼のコメントを書いた。

4月12日(土曜日)に蒲田で、
川西先生が講演されたあと、
質問に行ったのだ。そのときも、
ウィルスが消えることに対して、
全く悲観的であった。
ソブリアード治療による薬剤耐性を
気にして、ウィルスがより手におえなく
なることを気にしていたからだ。

川西先生は、治療中ウィルスは減少する
可能性が高いわけだから、それによって
肝がんリスクを減らすメリットは大きい
と言われた。薬剤耐性ができたり、
ウィルスが消えないと判断できたら、
中断を申し出ればいい。泉先生は
承諾されると思いますよ、、と。

ソブリアード治療を決断できた。
すごく背中を押してくださった。
心から感謝している。

どうやら、気力が湧いて来ている。

NHKの趣味Do楽の
「3か月でフルマラソン」を
興味を抱けているし、、

無論、還暦で病み上がりの自分が
いきなりフルマラソンなどしようなど、
とは思わない。

身体のミトコンドリアを活性化させたい
ということと、自分が棲む街をじっくり
と感じとりたい、身体化したい
と思っている。

来年ではなく、2016年の
「練馬こぶしマラソン」に参加できる
ようになりたい。

2時間30分の制限時間内に走りきれない
といけないので、そこを目標に、
体力をつけようと思う、、まだ思うだけだが。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();