わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 発熱とふらつき

発熱とふらつき

23週の最終日、
朝から37.3°の発熱があり、
少しふらつき、ダルさがある。

インフルエンザ予防摂取を
もう少しあとにすればよかった。

なにかと終わりまじかに、
トラブルは起こりやすいものだな、。

Comment

No title
編集
山口様
今日は朝起きられなくて、会社を休みました。昨日まで順調でしたので、今週は乗り切れるかと思っておりましたが、やはりインターフェロンは手強いです。
しかし、精神的には楽です。あと1回の注射で終わりですから。
インフルエンザの予防接種は子どもが生まれてからは毎年やっています。風邪を引くと治りが遅いので予防には気をつけています。
この時期は、病院の入り口付近に置いてある消毒液を必ず使います。自宅、トイレに一本ずつ、会社のデスクにも置いてます。
2014年11月12日(Wed) 12:37
No title
編集
taka-tanoさんへ

毎年インフルエンザ予防接種を
されていたのですか。
私はC型肝炎を宣告されてから、
予防接種を全くやっていませんでした。

今回は、第二子誕生があるので、
接種しましたが、
けっこう副作用がありましたので
来年はもうやらないと決めました。

その予防接種は、
不活化のウィルスを入れるわけですので、
種は違っても、
ウィルスはウィルスであり、
もう御免だな、という気分です。
2014年11月11日(Tue) 16:43
No title
編集
山口様
インフルエンザの予防接種は、私も毎年やっていますが、今年はペガシスとコペガス効果感染しないのではないかと期待しております。
2014年11月11日(Tue) 07:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();