わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ スーパー銭湯、減圧ルームの事故死

スーパー銭湯、減圧ルームの事故死

まず、とても気になる事件が起きた。
2014年9月28日、死者2名の事件か、
事故か、未だ不明の話を掲げておきたい。

産経新聞によると、

スーパー銭湯の減圧室で男女2人死亡
埼玉・ふじみ野28日午後5時半ごろ、
埼玉県ふじみ野市大井のスーパー銭湯
「真名井の湯大井店」で、

室内の気圧を下げる「減圧室」にいた
客の男性(65)と女性(58)
=いずれも同県富士見市=が倒れているのを
従業員が発見、119番通報した。

2人は病院に搬送されたが間もなく死亡した。
東入間署は司法解剖で2人の死因の特定を
進めるとともに、事故の可能性があるとみて
調べている。

同署によると、減圧室は「パスカル健康房」
と呼ばれ、約5年前に設置。
8人がけのいすがあり、
気圧を高度3500メートルと同程度まで
自動的に減圧する。
約45分後に自動的にドアが開く構造で、
新陳代謝や血行促進の効果があるとされる。

2人は同日午後4時から2人だけで同室に
入っていたが、

45分を過ぎても出てこないことを
不審に思った従業員が室内を確認したところ、
倒れていたという。従業員によると、
ドアは閉まったままだった。

同日は2人の前に5~6人の客が
減圧室を利用していたが、
異常はなかったという。


以上、とても不可解な話だったので、

ダメもとで、
東入間署に電話できいてみたが、

検死結果とか
業務上過失責任を問われるのかは、
案の定、一切教えられないという
返事だった。新聞報道を待ってもらう
しかない、、

ただ、事件前に
そこを利用されていた人に
問題は起きたりはしないことはない
と話してくれた。

まぁ、そうだろう。
気圧調整によって細胞内の
ミトコンドリアが活性化され、
内呼吸に変化を起こす装置であり、
薬物のように長く体内に沈潜したりは
しないからだ。

何故気になるのか、というと
私が4年前に、よく利用した
「進盟ルーム」と同じ装置だからだ。

たぶん運用基準がかなり違っていたの
ではないか。例えば、、
1.管理者がルーム内にいない。
2.45分で300円の利用料では、安全面で
配慮が欠けていたのではないか。甘くみていた。
2.3500mの減圧までどのように下げて
いくのか、波状でやるのかどうか、
自動プログラム次第では、
問題があるだろう、とか気になる。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();