わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPさかのぼり自分史 ≫ 鷺高祭に行った

鷺高祭に行った

何十年ぶりに、わが母校、
鷺宮高校の文化祭に行った。

小3の長女に、都立高校の違いを
徐々に教えておきたく、家内と
三人でたずねたのだ。

調べると、自宅から近くの都立高校は
豊島、板橋、大山、練馬、田柄、
光が丘、武蔵丘、大泉、石神井、井草
そして鷺宮と11以上ある。

高校をどこにするか、は人生最初の
大事な選択になる。学校のおかれた
地域環境、友人、部活の影響は計り知れない。

我が家の場合、私立は選択肢にない。
また利便性の悪いところは眼中にない。
西や富士や豊多摩なんて、
かりにその実力があったとしても、
我が家の場合、遠くてはダメだ。

今から少しずつ、
本人が自分で違いを感じ
とれるようにしていきたいのだ。

わたしにしても、
都立高校といってもさまざまで、
戸山や新宿になると、その意味は
全然違うことを、恥ずかしながら、
今頃になって、ようやく、
わかってきた次第。

偏差値の高低だけの問題ではない。
まさに、各高校文化の違いを、
還暦まじかになってわかったのだ。

都立高校を一括りに捉えていた。

鷺宮高校は今、
偏差値50くらいだが、
独特の文化を形成している気がする。

たとえば笑いを誘う短歌風の詩歌だ。
自分たちの頃も似たような言葉が
校内誌によく載せていたものだ。

鷺宮DNAは連綿と続いているな、

今は、
軽音楽部と書道部がすごいことを
あらためて、知った。
ならば、書道部の作品を長女に見せよう。

15時ころ、到着したが、
校舎はまったく新しくなっていて、

自分がいた頃の面影は、、
授業をエスケープ?ふけるために
乗り越えていった「ベルリンの壁」は
跡形もなく、、

木々が4本程度の「ゲーテの森」は
あったが、、寂寥感はぬぐい難い。

私たちのときは、
文化祭の最後はキャンプファイヤーを
やるのが楽しみだったが、
もう、その企画はなさそうだ。

つきひは流れ、
全てが変容していることを
あらためて実感してしまった。無常だ。

見た目、男子生徒は幼い感じがした。
女子はかなりの子が、化粧をしていたが、
身ぎれいな感じがした。
擦れてはいないな、、重要なことだ。

1年教室が3階にあり、
3年が1階に教室にあったのも、
違和感があった。

生徒たちは、クラスごとに
オリジナルTシャツを作っていて
なるほど、わかりやすい。

PTAの母親たちも、出店している
ことも、驚きだった。

私たちの時代は、親なんて、
入学式に来ただけだったが、、。

まぁ、、

鷺宮高校の変わらないところは、

白鷺のように、明るく、
たおやかな三流、であることだろう。

この3年間で、生きるチカラを
養ってほしい。

来年も見に行きたい。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

高校生活
編集
taka-tanoさんへ

3人のお子さまの話しをしてくださり、
ありがとうございます。
とても参考になります。翻ると
高校時代に、3つくらい指針と
大まかな人生の方向を決めた感じがします。

1.顔が割れるような?テレビなどに
でる有名人にはならない、無名で生きること。
2.死ぬまで、勉強すること。
3.国家とか、社会のカラクリを知ること。

でした。
今も、その気持ちは続いています。
この間の母校の文化祭を見ていて、
そのことを思い出しました。

2014年09月25日(Thu) 13:16
No title
編集
山口様

昨日は、ピーカンの下、何か月ぶりかで洗車をいたしました。
麦藁帽子、長袖シャツを着てやりましたが、あまりの暑さに汗びっしょりかき、
終了後はぐったりしてしまいました。昨日の疲れを今日も引きずっております。
インターフェロンをやっている間は無理できないですね。

お嬢様の高校受験を心配され、今からご準備のこと大変ですね。
我が家は、自主性尊重(放任主義)のため、高校選びに関しては何も口出ししませんでした。ただ私立は経済的に無理でしたので、入れる公立高校を選んでもらいました。

長女と次女は自宅から近い公立高校に入ってくれましたが、長男だけは、親の反対を押し切り、他県のスポーツ強豪高校にスポーツ推薦で入学しました。

経済的な面は別にしまして、公立高校、私立高校一長一短はありますが、大学受験を考えた場合、私立高校の方が面倒見が良い気がします。

長男は、長女同様の指定校推薦で大学進学を希望しているようです。(一般受検では到底合格しませんので)
2014年09月24日(Wed) 12:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();