わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 蚊にさされる

蚊にさされる

昨夜は、高濃度炭酸泉の銭湯、
川場湯に行った。心地よい。
38度の温い湯船につかり、
デカルト「方法序説」の第4章を読んだ。

今朝、ソブリアードを飲んだので、
残りは3錠、水曜日に終わる、待ち遠しい。

ソブリアードを飲み終わったあと、
きっと体調は良くなる、、そう決めている。
そろそろ、頭の芯?が回復しないと困るのだ。
うつや神経症生み出す部位だ、、
そこが回復して欲しい。

ソブリアードは頭の芯を萎えさせる。
服用後1時間がたつころ、眠気とともに、
頭の芯が瓦解していく、やる気が頓挫する。
いっこうに部屋が片づかない。

ネットを見ると、ソブリアード終了後の
体調は、、
・前と変わらない。
・前よりひどくなる。関節痛、抜け毛とか、

という体験の人が多い感じがする。
でも、わたしは、そうなりたくない。

手だては、竹すみだ。
サミット水に竹すみを入れて飲むだけでなく、

市販のコーヒー缶に、
竹すみと竹酢とサミット水を入れて、
かき混ぜ、ゆっくりチョビチョビ飲むのだ。

ペットボトルでなく、缶なので、
黒い水は、見えない。それがいい。

小坂先生が、そうされて飲んでいたのを
思い出し、真似ている。
もう、1週間そうして飲んでいる。

排泄ぶつは、すっかり黒くなっている。

最近、やけに蚊にさされる。

4年前、直腸がん予後で抗がん剤を
やっていたその夏、
まったく蚊に刺されことはなかった。

今年は違う、、
たぶん、皮膚呼吸で炭素が出ていて、それが
蚊を呼び寄せるのだらう。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();