わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP尊敬する人物について ≫ 木村秋則さんの不思議

木村秋則さんの不思議

木村秋則著「すべては宇宙の采配 」と
新野恵著「 雲の上に木を植える」を
読んだ。

二つとも、図書館に置いてないので、
Amazonで購入した。

「すべては宇宙の采配」は
冒頭からぶっ飛ぶ話し続き、止まらない。

1.白い玉が浮かんでいる写真。
中には、密教系の曼荼羅らしき文様が
刻まれている。

2.巨大なワニのような龍が
空に上がっていくのを見る話。
すぐ前にいる男の人は、
時間が止まったように動かない。

3.大型トラックを無免許で
無許可の運送業の仕事中に、
山道でブレーキがきかなくなったが、
どうにか修理工場までたどり着く話。

4.そのトラックの助手席に
巨大なおむすびのような幽霊をのせて
しまう話。

5.自分のリンゴ畑で、頻繁に
ufoを見る話。

6.その宇宙人らしき二人と
対面する話。そしてufoの
中に案内される話。

7.ふたたび龍を数人とともに
目撃する話。

8.最後は臨死体験の話。
その案内人という女性と
現実に対話する話。


だいたい以上だが、
プロフェッショナルで
木村秋則さんを見ていなければ、
とても信じられない話ばかりだ。

けれど、
あの表情と声を聞いているので、
とてもウソを言っているとは、
思えないのだ。

2時間で読んだが、
なぜたか感動していた。

超常体験を素直に語る
木村さんが不思議なのだ。

素直さはキーワードだな


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();