わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP乾癬治療の思索行 ≫ 転んでもただではおきない

転んでもただではおきない

taka-tanoさん、という方から
コメントをいただいた。
わたしと同じ6月初旬に三剤投与を
始められていて、4週で「1.2未満」に
なられていて、ほぼわたしと同じであり、

並走している感じがしてきて、うれしい。

遺伝子検査の結果、わたしの場合は、
7月4日に承認された
ブリストル・マイヤーズ(BM社)の経口2剤では、
ほぼ間違いなく薬剤耐性ができる
ことがわかっているので、、
今回の三剤がダメだった場合、
そのあとは、ギリアド社の経口2剤が

「最後の砦」かな、と思っている。

taka-tanoさんの医師の判断は、
「検出せず」に至らなくても、
重篤な副作用がない限り、
24週投与を続けられる方針のようだ、、

やっぱ医師によって、
様々な誘導があるんだな、、

taka-tanoさん、
しばらくの間は辛いけど、
遅かれ早かれ、もはや、治る病気ですので、
ともに、がんばりましょう。


さて7月16日は、

A医師の診察のあと
同じ病院内の皮膚科に行った。

皮膚科にもクレームがあったのだ。

7月2日の初診で、
インターフェロンの副作用として
発疹と既往の乾癬が悪化しているから
みていただいたのに、3割負担とは
いかがなものか?

そういう抗議文を先週、医療事務の
受付にだしておいたが、
さてどうなることやら、

その根拠は東京都のサイトに載っている
次の案内だ。

「対象となる医療」
(1)インターフェロン治療医療費助成の場合

(ア)C型ウイルス肝炎の根治を目的とする
インターフェロン治療(少量長期投与を除く)
及び当該治療に係る検査等で、
保険適用となっているもの

(イ)インターフェロン治療による副作用に対する
治療(ただしインターフェロン治療を中断して行う
副作用の治療については対象外)で保険適用と
なっているもの


以上であり、
わたしの乾癬は6月の三剤投与から
悪化の一途だったので、
該当しないわけがなかったのだ。

さて、皮膚科の受付に行き、
問い合わせしようとすると、
医療事務の女性が、
「既にお話は、承っております」と
言われた。

話しはスムーズだった。
担当皮膚科医は、
「ご指摘のとおりであり、
いたらなくて、すみませんでした」
と謝られた。

「医療費助成の対象とならない場合も
あったりして微妙なんですが、
この症状の場合は、対象となりますので」
とも、言われた。

こうして、
11月までの5ヶ月間は、
乾癬治療は助成されることになった。
その3割負担は月1万円くらいだから、
5万円は支払わずに済むことになった。

ある意味、
三剤治療の毎月1万円の負担金は、
これで相殺される、とみれば納得がいく。

転んでもただでは起きない、とは

まさにこのことだ、、



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年07月20日(Sun) 20:10
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年07月20日(Sun) 12:57
Re: No title
編集
おまたせしました。
> 乾癬で悩まれているようですが、治療の副作用なんでしょうか?それとも乾癬をお持ちで本治療により悪化したということでしょうか?

実は、C型肝炎は1991年8月に判明し、その年の
11月から、質の悪い、インターフェロンの初期のものを
約1年半うち続けました。結果はウイルス量は減らなかった
のですが、全身倦怠感はだいぶ改善された感じでしたので
良しとしてました。そうして93年ころから乾癬が表れ始めたのです。
皮膚科は全員、乾癬の原因は不明とぬけぬけという人ばかり
でしたので、長いこと、二つを繋げて考えたりはしていません
でしたが、大腸がんをやって術後の食習慣を変えたころ、
因果関係をイメージするようになり、ネットでそういう知見が
出てきたので、確信するようになった次第です。
>
> 私は皮膚については、
日に当たると赤い斑点症状がでるので、
暑くても肌を露出しないようにしています。

それは間違いなくインターフェロンのせいですが
ウイルスは減っているから、乾癬にはならない、
一過性のものだと思います。

>時折、肝臓付近に刺すような痛みがあります。
肝臓の中が戦国時代になっている、、

その通りだと思います。医者は肝臓を沈黙の
臓器と教えこまれていますので、怪訝な顔を
しますが、、わたしも何度もそういう痛みを
味わってきました。

> 敵も数が少なくなり、見つけにくくなっているのでしょうか?

そうです。彼らは生き残りをかけて、懸命になって
いる最中だと思います。

> 肝炎治療の助成の取扱について、
神奈川と東京では少し違うようです。
会計窓口の方に聞いたところ、
東京都は入院1万円、通院1万円との記載が
あるそうですが、本当でしょうか?

いえ、体験として、それは、なんか違うと思います。
わたしの場合、6月初旬に4日間入院し、そのあと
6月は3回通院しましたが、
支払ったのは、1万円と入院時の食事代だけでしたので。

以上です。もう一つの件は、
また少しお時間をください。

6月同士互いに、がんばりましょう。
2014年07月20日(Sun) 09:17
ご連絡
編集
taka-tanoさんへ、

今、外出してまして、
お返事は、もうしばらく、お待ちくださいませ、、
2014年07月19日(Sat) 13:34
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年07月19日(Sat) 12:47
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年07月19日(Sat) 07:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();