わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 肝炎治療35日目(第5週)乾癬治療の進捗表

肝炎治療35日目(第5週)乾癬治療の進捗表

今日で、第5週が終わる。
ソブリアード終了まで、残り7週となる。

1週間を振り返ると、
(事実)
1.乾癬がやや悪化しているので、
皮膚科医の処方にしたがい、チガソンを
始め4日目だが、特段よくなってはいない。
2.水曜日の皮下注射のあとは気分が悪くなり
無理せず、休む。好中球を下げないために。
3.頭痛より、肩こりの方が目立った。すぐ
ロキソフェロンを飲む。
4.体温は、夕方37°まで上がること、先週と同じ。
5.やはり、ときおり咳がでる。
6.肝臓の「さしこむ」ような痛みは、めっきり減った。
→肝臓自体はかなり健康を取り戻している感じだ。

(方針)
・ウィルス1.2未満のまま「検出せず」の状態を
どうするか?→乾癬治療に注力することにした。

それだけ、乾癬がひどくなっている。
6月以降、背中にポツポツと発疹が目立つのだ。

ヤンセンファーマの三剤治療日記帳に、
乾癬の、軟膏を塗り込む項目を作り、
塗ったらチェックすることにして、、

治療に励んでいることが見える化した。
7月16日までは、一日に4回、
8時、13時、18時そして23時を目処に
軟膏を塗り込むことにするのだ。

当面、乾癬は悪化を抑えられれば、良しとしよう。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

コメントくださり
編集
ありがとうございます。
じっくり読み、
確認してみることにしますね。
今日は皮下注射がありますので、
しばらくお時間をください。
2014年07月09日(Wed) 10:09
編集
突然のコメント失礼だとは思いますが。
色んな病気を治すというのであれば、病気の情報を集め考え方を角度を変えて色んな事を試してみるという方法もありだと思います。癌の症状の一つである鉢指、関節痛や腱鞘炎、爪の変色、皮膚炎、色んな症状があります。それらをまだ知られていない簡単な方法で治せるようです。説明し易いので肩こりから。肩こりの酷い人達にテーピングを試して下さい。やり方は薬局などで売っているテーピングを幅3センチ長さ10センチ位に、付け方は両方の親指の先端にテーピングの真ん中が来るように後は手のひら側と手の甲側に軽く付けて下さい、親指の先端に軽い力で血行が良くなるように、軽く巻き付けてもいいです。後は通常の生活で、親指を良く動かす要にすれば肩こりの治りも早いようです。肩こりの原因なんですが、親指の先端から出てくる血液の量が減って肩に行く血液の量が減っておきる関節痛のようです。鉢指も指先から出てくる血液の量が減っておきる関節痛のようです。それを逆手に取れば勝てるんです。詳しいやり方は長くなります。こちらで
http://x11.peps.jp/futolugenin3/book/?guid=on&cn=8
色んな病気や癌に詳しい方々が来られて居るようです。是非検証してからコメント頂ければ嬉しいのですが。サイトに載せてあるテーピングを全ての指先にして、ぴったりサイズの軍手、足にはダブルソックスで検証して頂ければ効果があると思います。
サイトに載せてある指先や耳の血流以外にも血液の流れを悪くさせ病気の原因になっている場所もあります。
2014年07月08日(Tue) 18:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();