わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 肝炎治療28日目(第4週)

肝炎治療28日目(第4週)

今日で、第4週が終わる。
ソブリアード終了まで、残り8週となる。

1週間を振り返ると、
(事実)
1.24日目から、咳がではじめる。
2.乾癬がやや悪化している。
3.ときより、めまいがする。
4.頭痛の頻度は、前の週より減ってきている。
5.体温は、朝方36.6°だが、昼頃から
上昇し、夕方37.2°まで上がる、そんな日々。
6.頭痛がない場合、ロキソフェロンは飲まない。
7.気分はよくない、軽いうつかもしれない。
8.朝食後のソブリアードとコペガスを飲むと、
脳内に圧迫感があり、4年前直腸がん術後の
抗がん剤の副作用と似た感覚になる。
9.夕飯後のコペガスを飲むと、めまいの
ような不快な感じになり、何もしたくなくなる。

16時、軽い頭痛があり、ロキソフェロンを
一週間ぶりに飲む。

(私見)
・この不快な気分をどう払拭するか、課題だ。
・91年、02年の経験によって、
インターフェロンの副作用は一過性とわかっているが、
還暦にはつらい。
・ウィルス検出せず、になったあとは、、
何をモチベーションのよすがとするか?
わたしの場合は乾癬の治癒に気を向けよう。
・好中球数を減らさないように、無理はしない。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();