わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 肝炎治療19日目(第3週)なぜラクトフェリンか?

肝炎治療19日目(第3週)なぜラクトフェリンか?

今朝は朝から微熱と頭痛がある。
さらに後頭部から首にかけて
肩こりのような頭痛も加わり、
いやな一日を予感した。

すぐロキソフェロン1錠を飲んだが
にぶい痛みが残り、昼過ぎ、我慢できず
4時間以上の間があいたことを確認し、
二度目のロキソフェロンを飲んだ。

明日は漢検2級が10時から、
板橋の帝京大であるが、やる気が
起きない。

夕方、長女の水泳教室の付き添いを
して、戻ってからコーギーの散歩、、

もう横になりたかったが、散歩から
戻ると、長女はよごれた金魚の水槽を
掃除している。長女一人では無理なので、
手伝ううちに、いつの間にか、わたし
ひとりで清掃していることに、、

終わるころ、突然、玄関にカエルが現れ、
長女を呼ぶと、きゃあきゃあ、はしゃぎ
興奮していたが、そのまま、
カエルを見送ることにした。

そのひょこひょこした後ろ姿は、きちっと、
懸命に生きているカタチを見る思いがした。

22時、4日続けてラクトフェリンヨーグルトを
食べた。

昔の血液検査データのファイルを見ていたら、
「ラクトフェリンが直接C型肝炎ウイルスに付着して
その感染を阻止することがわかった」
という
1999年当時、国立がんセンターウイルス部室長の
加藤宣之さんが述べている、、
そういう記事を発見したのだ。(「安心」1999.1)

14年以上の前の記事だから、その後研究成果が
どうなったかは、わからない。

まぁ、この際、気休めでもいい、、
7月2日まで、毎晩食べてから寝ることにする。

ちなみに、アルコールは6月2日入院する日の
午前中に発泡酒、銀麦(4%)を一缶飲んだのを
最後に、アルコールを飲んではいない。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();