わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP尊敬する人物について ≫ 引き会わせる

引き会わせる

昨日は午前中に、
長女が通っていた学習塾?クリーフの
代表松井穣さんを
武蔵大の、起業学の髙橋教授に
引き合わせた。

11時から45分ほどの雑談だったが、
髙橋教授はあらかじめネットで
クリーフを調べられていて、
会ってすぐに、松井穣代表の
起業リテラシーの高さを
見抜かれていた、、ようだ。

お二人とも、
ソーシャルビジネスについて
シンクロニシティ、共振するものが
あるに違いないと予測していたが、

その通りだった、
いやそれ以上かもしれない。

夢とファイナンスの両輪ががないと
ダメだな、、と感じつつ。

12月、松井穣さんは高橋教授の要請を
受けてセミナーの講師を引き受けるだろう。

分相応、腹八分目の事業観

正直で、ウソをつかないこと
やってきたことをやってきた通りに
話せる人が生き残る、、

といった言葉が印象に残っている。

対談後、武蔵大の学食で、
松井穣さんにカツカレーをご馳走になった。

その夜、

5月末にクリーフをやめた長女は、
8月、クリーフがおこなう群馬県の
水上キャンプに参加すると決めた。

バスでなく電車で行くこと、中味がいい、
穣先生に会えると、長女は大喜びだった。

9歳、小3の夏は、いい思い出ができるだろう。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();