わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP三好秀征先生との対話 ≫ ウィルスは生命か?

ウィルスは生命か?

ひと月ぶり、三好先生の診察の日。

先週から入院し、三剤併用療法を
受けていることを話す。

血液データを忘れてしまい、
口頭で、血小板が15まで下がったと
話すと「それくらいなら大丈夫」と
ほほえまれた。

ペガシス皮下注射をうつ基準が
好中球数が500以上あることについて
「その通り」と三好先生は言われたので、
赤十字病院の看護師の話はホントなんだ
なと納得した。

好中球数を上げる注射をする場合も
あるらしい。

今日のテーマは「ウィルスは生命か」

三好先生は、

生命の定義は揺らいでいる。

代謝はないとはいえ
C型ウィルスは1本の遺伝子を抱えて
存在し続けることが基本的な状態になる。

そして親和できる宿主を見出すと
自己増殖をつづけ、あるいは
免役からの貪食によって分解され、
終わりになる。

ということは、わがC型ウィルスは
免役に貪食されていない限り、
草創期のウィルスも肝臓を中心に
身体全体に存在し続けていることになる。

人の60兆細胞は、
ほぼ9割が2ヶ月で入れ替わって
しまうのに、C型ウィルスは、
なんと長い歳月をともにしてきたことか、
ある意味、、わが記憶遺産だな、

たぶんこの1週間の間に、永く生きた
C型ウィルスは、三剤療法によって
相当消えていると思われるが、、

三好先生の考えでいくと、
C型ウィルスは、細胞内に核をもたない
赤血球とは親和しないだろう、
それよりもリンパ液の方が親和する。

となると、そうか、乾癬の皮膚細胞に
近づくのはリンパ節に生息するC型ウィルスだな、

それが乾癬を生む契機となるのでは、と。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();