わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 肝炎治療10日目(第2週)

肝炎治療10日目(第2週)

このとこら、朝一番のお小水が
褐色の度を増している。

何かが排出されている感じだ。
血液データが、小暴れしていることと
関係があるだろう。

来週A医師に尋ねよう。

朝からずっと37°の微熱が続く。
ペガシスの影響だ、この程度で、
ロキソニンなんかのまないぞ。

ペガシス皮下注射の翌日は要注意だな、、

夕飯後、リバビリンを飲むと、眠ったが
22時すぎ、起き出し、風呂に入った。

コメントをいただいて、いた。
ほんとうにありがたい。

三剤療法の副作用と抗がん剤の副作用とを
比較している自分がいる。

似ているところは、目の奥の方に、、
鈍い痛みのような、感覚がある点だ。
こめかみ、眉間あたりを抑えても、
どうにもならない、、頭痛になるのかな、

長女が「だいじょうぶ?」と心配してくる。

人の目には、鬱っぽく見えるかもしれない。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

コメントありがとうございます。
編集

> 私も入院中から褐色になりました。
> 治療1カ月目あたりの血液検査から、
T-Bilが1.36、D-Bilが0.52と、
黄疸の数値が少し上がり、主治医から恐らくソブリアードの影響だろうと言われました。
> 5月24日でソブリアードを終了しましたが、6月7日には正常値に戻りました。

ソブリアードの影響、納得できます。あらためて
持久戦ととらえて、ロキソニンも飲むようにします。

2014年06月13日(Fri) 12:30
はじめまして
編集
いつもブログを拝見しています。
私も3月1日から治療を始めています。
さて尿が褐色と言う事ですが、私も入院中から褐色になりました。
治療1カ月目あたりの血液検査から、T-Bilが1.36、D-Bilが0.52と、黄疸の数値が少し上がり、主治医から恐らくソブリアードの影響だろうと言われました。
5月24日でソブリアードを終了しましたが、6月7日には正常値に戻りました。

それから、微熱や倦怠感などがあるときは、あまり我慢されず上手く薬を使われるといいと思います。
私は、あっ身体がしんどくなってきたなあと思ったら、早めにロキソニンを飲んでいます。
では、お互いに治療を頑張りましょうね♪(*^^*)


2014年06月12日(Thu) 20:15
No title
編集
私も37度の熱で医師の指示に従ってロキソニン飲みましたが、何の効果もありませんでした。もらった湿布薬の方が(腰痛には)効くのですが、内科では3袋までが限度だと言われてまいってます
2014年06月12日(Thu) 19:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();