わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 肝炎治療7日目

肝炎治療7日目

今日は、肝炎治療1週目の最終日だ。

ソブリアード、リバビリンを飲む時間帯を
9時 、21時頃にずらすことにした。

うつ状態とはいえないが、
飲むと、少し気分が萎えるので、
時間調整で乗り切るタイミングを考えたい。

少し便秘ぎみだ。
水分補給を怠らないようにしよう。

乾癬が目立ちはじめている。
家内がわたしの背中をみて
「ちょっとスゴいじゃない?」、でも
「仕方ないじゃん、、想定内だよ」と
応える。

日中の体温は37°くらいで推移している。

1991年11月2日土曜日の朝、人生最初の
インターフェロンαをうった、と日記に
書いていた。

発熱は必死だが、夕飯後まで引っ張られ、
体温38.0°まで上がり、ようやく
座薬を入れることを許された、とあった。

その日から半年間、インターフェロンαを
60本うち続けたのだ。その後さらに半年
インターフェロンβの静脈注射をしたわけで、

乾癬を生む温床をつくったことは間違いない。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();