わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP第二子のこと ≫ 3つの報告

3つの報告

先ほど
作家宮本輝さんのサイトに
書込みしたものを掲げておくことにする。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
輝先生みなさま、こんばんは、

前回は5月1日、ここにきましたので、
ひと月ぶりになります。いつも、私事で恐縮ですが、
ご報告いたしたいこと3点あります。

1.直腸がんステージ3Bの手術から4年が過ぎ、先週
 検査結果をきくため担当外科医たずねましたが、
 「全く転移はありません」と笑顔で告げていただけました。

2.次に、明日からC型肝炎治療のため3日ほど入院し
 最新のシメプレビルとペグインターフェロンと
 リバビリンの三剤併用療法を半年続けてみます。
 最近、吉幾三さんによるC型肝炎の治療をすすめる
 CMがTVでやっておりますが、あれはシメプレビルの
 製薬会社が提供しているものです。ウイルスが消える
 確率が80%だといわれており、勇躍、試してみます。

3.最後に、今年の末に、念願の第二子が誕生する予定となり、
 先日、区役所から母子手帳と父子手帳をいただきました。
 そのとき、家内は42歳。長女は9歳そしてわたしは、、
 60歳になっております。とても勝手なお願いですが、、
 なにぶん高齢につき「心のご支援」よろしくお願いいたします。

さて、明日からの入院には「水のかたち」をもって行きます。
4年前は抗がん剤で入院したときは「三千枚の金貨」をもっていき
ました。わたしの闘病には輝先生の小説は欠かせません。

以 上
僭越と、わかってはいたが、そのサイトで
知った何人かの方々に、報告したかったのだ。

生老病死のうち、三つはある報告だしな、



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

木村先生の娘さんへ
編集
コメントくださりありがとうございます。
お待ちしておりました。

6月7日土曜日昼ころ、
コメントに気づき、読むことができました。
まだ、gmailの方はまだ読んでおりません。
パソコンからでないと入れなくて、、
いま少しお時間をください。

実は、今朝がた、コーギーの散歩中に
仕事から戻る谷島さんと遭遇しました。
必ず、お伝えします。

なので、しばらくの間、次善の策として
このブログの方も
引き続きチェックしていただければ、
思います。よろしくお願いいたします。



2014年06月07日(Sat) 12:41
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年06月06日(Fri) 15:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();