わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP第二子のこと ≫ 家内と第二子のこと、

家内と第二子のこと、

昨日の昼過ぎ、家内は
西新宿の不妊治療の
Aクリニックを卒業した。
5年という長い時間がかかった。
家内はよく頑張った。。

LINEで「胎児は18.1mmになり
出産予定日は12月28日に」と
伝えてきた。

なんとまぁ、そのとき
家内は42歳、長女は9歳、
わたしは60歳になっている。

夏の温泉、一泊ツァーも
バスだと酔うからダメと
家内から言われ、
やめにすることにした。
スカイツリーとか、
もっと近場でいい、と。

長女は、ことのほか歓び、
約2cmかと、ものさしを見つめ、
妹でも弟でも、どちらでもいい
という。

そうだ、、どちらでもいいのだ。

長女が生まれるときと似た感慨に
なっている。

家内は、女の子がいいようだが、、

あえて予想すると、
たぶん、生まれてくるのは

第二子は男の子だな、、



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();