わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 硬筆習字と漢検2級と

硬筆習字と漢検2級と

1月下旬にNHK学園の
「基礎からのペン字レッスン」の
通信講座を始めた。

動機は、8歳の長女が書道教室に
通い始めて、触発されたのだ。
負けるもんか、
良い字を書けるようになるんだ、と。

期間は6ヶ月だが、
教材が届いたままズルズルと
放置していた。

次に、2月上旬、大雪のなか
娘とともに漢検を受けた。
会場は家の近くの学習塾で、
娘は9級、私は準2級を受験。
娘は時間を持て余し、
余裕の視線をおくってくる。
新聞の「聞」が書けなかっただけと
娘は言う。一方、私はボロボロで
こりゃダメだなと思った。

ところが、二人とも合格していた。
俄然、漢検準1と1級までとろうと
決意した。

そこで、
漢検協会の漢字辞典、四字熟語辞典の
古本を買い求め読み込むことにした。
問題集をやるのはそのあとでいい。

いや待てよ、、まずは2級をとってしまおう。
その問題集は古本で買ってやってしまおう
と思いつき、3月21日からスタートした。
6月の漢検を受けるつもりだ。

さて硬筆レッスンに戻る。
1回目の課題提出を4月7日に出した。
こっちもギアが入った。
二週間後、課題の添削と講評が
戻ってきた。
悪筆を同修正すべきか、
を教えてくれていて、
そうかこう書くのか、
と気づくことが多かった。

硬筆練習によって、
上手く漢字を書けるようになって
漢検にのぞもう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();