わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 「国家機密」保護法

「国家機密」保護法

2013年12月6日は歴史に残る日だ。
特定秘密保護法案が自公のみの賛成で
成立させたからだ。

どうしても、戦前の治安維持法を連想してしまう。
よりにもよって公明党が賛成するとは、、

先ほど、全条文を読んでみたが、、
正直、複雑な思いがした。

法案のタイトルにあざとさ、狡猾さがある。
頭に「国家」をつけるべきだったのだ、

また、特定秘密とは通常「機密」というから、
合わせて国家機密保護法としたなら、その
おぞましさが鮮明になるだろう。

国家主義を隠そうとする狡猾さが伺えるのだ。

一般法に対する特別法のような法律だからだ。
この場合の一般法はたぶん憲法だろう。

問題の根っこは、、
国家観の本質に触れる問題であり、それが
無自覚のまま、やすやすとパンドラの箱を
開けてしまったのだ。

背景には、政府はおくびにも出さないが、

スノーデン氏(元CIA職員)による機密漏洩に、
怒りまくったアメリカからの要請があるのだろう。

また日本は、
中国のような人治国家ほどではないが、
法治国家にもなれていないのが現実で、
特殊な官僚国家なんだと思う。

何が特定秘密にあたるのか
誰が決めるのかを官僚機構の裁量になる。
そんなに官僚に依存していいのか?

たしかに、
かつての、党の綱領がない民主党政権には
社会観はあっても国家観はグダグダだった。だから
北方領土にロシア大統領が視察にいくような事態になったり、
近隣諸国の態度は大きく出て来たり、したのだと思う。

一方、
自民党は靖国は宗教ではないと
思っている人たち多くいる政党だ。

ちなみに私たちは、
靖国神社が国家神道の残滓である
ことを忘れてはならない。

さて、公明党の国家観を問いたい。
現行憲法に足りないものに加える「加憲」は
一理はあるが、焦点ぼかしであり、
肝心なのは公明党が9条の変更に賛成するかどうかだ。

政治は連立方程式と言われるが、

読み違いは恐ろしい事態を招く。

公明党は国家観が自民党とは異なるはず、

もともと時限の連立政権であり、
そろそろ潮時てみて、
自民党から距離をおいて、

野党に廻った方がいいのでないか。

追記 12月26日の今日 
安倍首相は首相になって初めて
靖国神社に参拝した。


プロクロス 神学綱要 命題106

あらゆる面で、すなわち
実体の面でも働きの面でも
永遠なすべてのものと
時間的な制約を受けるものとのの中間には、

ある面では永遠だが、別の面では
時間によって測定されるものがある。




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();