わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 羽田健太郎氏の肝ガン

羽田健太郎氏の肝ガン

さきほど、ヤフーを覗いたら、

テレビの「題名のない音楽会21」の司会で知られる作編曲家でピアニストの羽田健太郎(はねだ・けんたろう)さんが2日午後11時53分、「肝細胞がん」のため、東京都新宿区の病院で死去した。58歳。

と。TVで、感じのよい雰囲気を醸し出す人という印象がありました。
合掌

すぐ、ウィルス性ではないかと想像しました。
なぜなら肝細胞ガンの90%はB型かC型ウィルスによることが明らかだからです。

58歳は若い、私より5歳上なだけ・・・明日はわが身だなと痛感しました。

日ごろ、楽観的になりすぎて、血液検査やエコー検査を怠っていてはいけないと感じました。

今日はここまでで・・・

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();