わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP家族と飼犬のこと ≫ 家内と娘の入会

家内と娘の入会

このブログは、
訪問、目にふれる人を意識せず、
ましてやおもねったり、せず書いている。

10月12日に、家内と長女は、
わたしが属する宗教団体に入会した。
周囲はたいそうよろこんでくださったが、
私は淡々として、感動はしていない。
退会も簡単だし、入会なんて、
儀礼にすぎないとさえ、思っている。
大事なのは、続けられるかどうか、だからだ。

あらためて宗教団体などと書くと、
おぞましい感じが湧き上がる。
ただ、私にはその属性感覚が希薄だ。

出た大学が、その大学の三期だから
看板を背負っていることに変わりはない。
どうやら、大学に入学した頃から
帰属意識は、希薄になり始めた。

この団体の初代は、牧口常三郎という
元小学校校長であり、
教育思想家であった方だ。

牧口先生は、実に不思議な人物で、
大正デモクラシーの青年時代、
北海道から東京に来られ、
小学校の教師になられ、
還暦まじかに、教育学会を創始した。

カントの哲学や地理学という西洋の
学問を踏まえられ、独創の価値論を
展開されたが、

内村鑑三や新渡戸稲造のように
キリスト教には行かず、
日蓮に直結しようとしたのか、

宮沢賢治が入っていて、
当時日蓮系の中にあって新風であった
田中智学の国柱会にも、

牧口先生は足を運んだらしい、
が、入会はしなかった。


牧口先生は、
よく「実験証明」という言葉を使われた。

つまり、宗教は試してみなければ、、
決してわかるものではない実験なのだ、と。

パスカルも、パンセで、
これと似た促しをしていた。

私の帰属意識の根っこにあるのは、
こうした実験感覚を死ぬまで続けてみよう
と決めたことにある。

ただし私は、「職業としての政治」も
「職業としての宗教」もめざさず、
市井で生涯無名で生きよう、と決めた。
そこでの栄達など、自分には無縁だ、と。

ただ、今回、
看護師の家内が、私の病気快癒が
スイッチが入った理由の一つだと、
入会のセレモニーの挨拶で発言したときは
正直、嬉しかった。

看護師の職業柄からだろうが、
悪い傾向に向かうガン患者を
見過ぎてきたから、わたしのような
ノーテンキ、楽観主義患者は驚きだったようだ。

来週、
その団体の地区座談会で体験を
語るように要請された。
断わりたかったが、病気快癒について
語れという、、

私はしゃべらせると
何言うかわかりませんよと切り替えしても、
構わない、という。

ならばお話しします、と承諾した。
次回から、話す内容をかかげたいと思う。

その話のキモは、「存在と御本尊」だ。
ハイデガーの「存在と時間」をもじっている。

こんなことを書く会員は、
私だけかもしれないが、

少人数だし、自分の考えなのだから、
躊躇せずに、堂々と話したいと思っている。


Comment

ありがとうございます。
編集
ハムハムさんへ

コメントをくださり、
入会のお祝いの言葉をくださり、
誠に、ありがとうございます。

その日は、私たち以外に、
10人ほどお集まりいただき、
花束までちょうだいし、
とても良い入会勤行会でした。

家内も娘も、数珠と経本を大切に
扱っていて、逆に初心の大切さを、
教えられています。

11月も1回は、
吉祥寺の気圧調整ルームに行くと
思います。

では、お元気で、

2013年10月31日(Thu) 11:44
おめでとうございますo(^▽^)o
編集
以前、進盟ルームの件でコメントさせて貰ったハムハムです。
恐らく同じ信仰をしているなと感じていましたが、やはり
そうだったんですね!
私は華〇リーダーです。地区座、頑張って下さい!!
あ、つい先日吉祥寺の進盟行きました。
平日だったんですが、わりと人数いました。5人位でしたが、
多分多い方なんじゃないかな…
2013年10月30日(Wed) 18:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();