わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP尊敬する人物について ≫ 川上進盟さんの話

川上進盟さんの話

昨日、昼過ぎ吉祥寺まで、
自転車で50分かけ、
進盟ルームに行った。

気圧調整ルームの発明者である
川上進盟、しんめい先生の話を聴くためだ。

気圧調整ルームには20人ほど、おられた。
しんめい先生の話はこうだ。

自然科学の知見が大事である。

一見、科学的な様であっても、
現代医学と薬学は、大きな誤謬に陥っている。

とりわけ医薬品開発の利権構造が、真実を隠ぺいし、
気圧調整ルームの普及の障害になっている。

気圧調整の発想は、鳥から学んだものだ。

空を上がったり下がったりするトンビや
大鷲は100歳を超える長寿だ。

一方、飛ばない雷鳥やニワトリは短命だ。
高地だろうと低地だろうと、
気圧の上下動を体験しない鳥は短命だ。

つまり飛行中、気圧の上下動によって
鳥体内の細胞が強くなっているのではないか、
という発想のもとに装置を開発した。

また、低山の登り降りを日課にしている人に、
健康な人が多い傾向がある。

高野山の寺に棲むゴンという犬は、
毎日、参拝者の道案内をしていて、
27歳まで生きた。

山でなくても、たとえば
高層ビルのエレベーターでも
繰り返していれば、細胞は元気になる。

鳥でなくても気圧の上下動によって、
身体の細胞が強くなるのだとわかった。

だから気圧調整ルームは万病に効く。
けれどもこのことを書き物としては、
残さない。潰される恐れがあるから。

起死回生で、今、南アフリカ共和国?で
HIV治療として、気圧調整ルームを設置した。
3人のエイズ患者に86時間入ってもらったところ、
驚きのデータが出た。
そこで、本格的な導入となり、あと2年くらいすれば
エビデンスが整えられ、アフリカから
研究成果が発表されるだろう。

将来、スクラップになる古いジェット機や新幹線を
気圧調整ルームにリフォームして、利用したなら、
国の大幅な医療費の節減になるだろう。

C型肝炎ウィルスにしても、もともと
ウィルスは細胞に比べたら弱い存在であって、
細胞を強くしたら、ウィルスとの共生であっても
いいのではないか。一方的な排除は医学的発想だ、

気圧調整ルームは、細胞を強くするから、
総じて万病に効く。

だいたい、以上だ。

ひるがえって考えると、
細胞を強くする装置は、他にもある。

たとえば人工の炭酸泉も、血流を良くし、
細胞を強めると、実感できた。

しかし、風呂は体力が落ちた人にはキツい
その点、気圧調整ルームは、ほとんど負担がない。

私は、しんめい先生の話を
深くうなずきながら聞いていた。

また、C型肝炎から末期肝臓がんになり、
おまけに直腸がんによって人工肛門になった
患者さんがいるが、
気圧調整ルームに入るようになってから、
今も元気でおられると話されていた。
その話は、正直、自分の未来を見るようで
妙に嬉しかった。

そのとき「免疫細胞の司令塔」と言われた。
細胞の司令塔は絶対に身体の内部にいる。
全くその通りだ、我が意を得たり、
という思いがつのった。

21世紀後半までに末期の病いの人たちが、
津々浦々、スムーズに、気圧調整ルームを利用できる、
そんな環境に、なってほしいものだ。

さて、

昨日は結局、2時間入って、
右指の痛みがすこし緩和された感じがした。

そして帰りの道、軽やかに自転車で走っていたが、
目の焦点が会わないような、少しボヤっとなった。

脳神経とか、緑内障とか、何か新たな病変が
あるかもしれない。

追記、しんめい先生が発明した気圧調整ルームは
3年前に、次のような特許がおりていた。

特許証 4477690号
特許権者 川上進盟 川上陽介
発明者 川上進盟
出願番号 特願2009-012792
出願年月日 2009年1月23日


検索すると、その発明は
「温度差による刺激を利用した空気浴を
行うために最適な調圧装置を得る」と
説明がなされていた。

無論、特許は効能を保証するものではないだろうが、
アフリカでうまくいけば、しんめい先生の利益の源泉に
なるのかもしれない。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

Comment

おさださんへ
編集
おさださんへ

質問のコメントをくださり
ありがとうございます。

ただ、ご期待にこたえられる
明確な回答はできないのです。

当時は直腸がんの予後として
調圧ルームに通っておりました。

体験レベルの話にとどまりますが、

調圧ルームは、高尾山程の高さの
山を登り下りを50分ほどする。
それにより60兆細胞の中の
ミトコンドリアを活性化させるものだ
と実感した次第です。

そのうえで、全くの素人の私見ですが、
緑内障の人にとって、調圧ルームが
危険かとたずねられれば、
「危険ではない」と思います。

その根拠は、緑内障の方は禁忌です
みたいな説明は一度もありません
でしたので。

ただ、緑内障が調圧ルームに
よって良くなるとはおもえませんが。

以上が、わたしがお伝えできる限界です。
あしからず、ご容赦ください。
2015年12月19日(Sat) 17:10
編集
質問です。緑内障のものです。緑内障のものはしんめいルームは危険でしょうか
2015年12月18日(Fri) 22:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();