わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP生老病死と汎生命論 ≫ デジャヴを感じる場所

デジャヴを感じる場所

今朝、自宅から吉祥寺の「進盟ルーム」まで
自転車で通ったら、どれくらいの時間で
行けるか調べてみた。

およそ9キロで、
自転車なら50分くらいと、わかった。
740円、往復の電車だとかかるのが浮く。
ラーメン一杯分になる。
なので、、次回は自転車で行こう。

あらためてiPhoneで経路を確認した。

ふと、思い出したことが、

その経路の途中で、
家内が既視感、デジャヴを感じる場所があり、
それはどこだったけ?かと。

家内にたずねると、
練馬区関町南2-12-13 あたりだった。

近くに送電線の鉄塔があり、
クランクの角を曲がると
いつもデジャヴの感覚になるようだ。

最初の既視感は、高校生のときだった、という。
今の自分じゃない自分が、ここに来ていたと、

不思議なことを言う。

どちらかといえば、理系脳の女性なのに
不思議な話しだな、思ったものだ。

やはり、

リインカネーションは、

たぶんあるのだろう。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();