FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPプロポリスほか代替治療 ≫ 気圧調整ルームは吉祥寺に

気圧調整ルームは吉祥寺に

昨日16時、吉祥寺にいた。

そういえば、と思い出した。
立川にある気圧調整ルームの回数券が
まだ3枚、残っていたことを。

そこは、ガンの代替治療として
見出したところで、5回くらい通った。
横にした円錐形の長い部屋に、
そのままのかっこうで入って
両端にある長いソファに向かい合って
2時間くらいすわっているだけだ。

小さな軍用機にでも乗っている感じかな、

気圧が上がったり下がったりして、
鼓膜に圧がかかり、耳抜きを繰り返す。

すると、細胞内のミトコンドリアが
酸素を求めて活性化するというスキームで、
部屋をでると、身体が軽くなる、、
こりゃいい、と感じたものだ。

ここの装置と似たものが
東京医科歯科大にも実験用に
置いていると知っていたので、
このやり方は治療効果があると見込んだ。

今でも、その効果を信じている。

予約して行ってみようと連絡してみると、
「この電話は現在使われてません」という、、

そこで、ネットで調べてみると、
立川から吉祥寺に移転したと案内があった。

ならば好都合と、住所を調べ、
井の頭線の方に行ってみると、
比較的静かな住宅街の、
戸建ての1階に、あった。

進盟ルーム re-karada 吉祥寺店という。
オーナーは、富士見が丘駅前で営む歯医者さん。
どうやら低体温の解消のために、ご夫婦で、
立川に通っておられた、、ようだ。

さて、吉祥寺店は、
閑散として、3年前のにぎわいとは、
あまりにも、落差がありすぎて、
どうしてこんな風になったのか、、
にわかには、理解ができなかった。

しかも18時で終わるという。
今は五時過ぎ、最終回が始まっていた。

でも折角来たから、久しぶりに
調整ルームに入ることにした。
利用者は一人しか、いなかった。
土曜日の夕方なのに、これにも驚いた。
隔世の感。予約なんて無用なこととは。

スタッフの女性は、
3年前最初に説明してくれた人だった。
その間に、何があったのかたずねてみると、

1.震災を境に潮目が変わった。
お客が減り始め採算が合わなくなってきたらしい。

2.さまざな病気治癒の効果があるとする
会報や説明資料に行政指導が入った。

3.お客になる人たちは、がんや、
のっぴきならない病気を抱えている人たち
であり、ルームの中でさまざまな会話がなされ、
健康食品やその他代替療法についてやり取りが
横行したらしい。
そこでネットワークビジネスをする人が
現れたり、はては宗教の勧誘もあったりしたようだ。
そうした行為の 禁止の貼り紙もしたらしい。
いわば、最後の砦みたいな所だったから、
本人は良かれと思っても
人間関係のみにくい部分が現れてきたのだろう。

4.立川の時の経営者が、そこに客として来ていた
歯医者さんに気圧調整の装置を譲渡し、
その歯医者さんが吉祥寺の自宅 一階を
リニューアルして営業を再開した。

だいたいは、そんな話だった。

たしかに、私も震災を境に、遠くに感じてしまい、
行かなくなったわけだ。もう少し近くにあれば、
とよく思ったものだ。

ここに来れば大丈夫、希望が持てる
と言ってた女性とか、

ガンの末期だが、
ここに入り続けていたら
頭髪が生えてきたと、
明るく話す男性とか、、思い出す。
今、お二人は、どうしておられるだろう。

ここは不思議な時空を生成する。

あらためて、病いと闘うにあたっては、
自分の頭で考える必要があるなと感じる。

ひとの話に頼り過ぎてはいけない。

考えても拉致があかなければ、一定期間試してみる
という方法は、アリだと思う次第。

ちなみに、今の吉祥寺の雰囲気は、
立川のときより、静謐な感じがする。

まじめに病いと向き合う、
いい時間が流れている。

断然、今の方がいい。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

Comment

Re: いわきの進盟ルームに行ったことあります
編集
コメントをくださり、ありがとうございます。

進盟ルームの退潮は、やはり、
震災の影響は大きかったのでないかと想像します。

> 進盟ルームが体に良いというのは、経験した者にしか分からないでしょうが私は絶対だと信じていますし、進盟先生の人柄は信じて良いと感じております。

同感です。お会いしてませんが、
川上進盟さんは正気の人だと思います。
それに、今の吉祥寺の進盟ルームは、
歯医者さんが経営してますので、
健康食品のような商品は販売していませんでした。
なので、吉祥寺店はオススメできます。

> 病気になったのも何か意味がある…意味あるものにしなければ…
> お互いに早く良くなりますように…

広くはない気圧調整ルームの中で、
さまざまな会話がされていたでしょうから、
藁をもすがる思いで、代替治療に誘導される方も
中にはいたと思います。私は、聞いてはいましたが、
たとえば埼玉の帯津先生の「石の威力」とかの話には、
エッと、ひいてしまいました。

代替治療は、自分で見出し、期間限定でやりました。
今のところがん予後の体調は、問題ありません。

また、進盟ルーム吉祥寺店のことは、話題にしたい
と思います。
2013年10月14日(Mon) 20:51
いわきの進盟ルームに行ったことあります
編集
初めまして、進盟ルームで検索していたらこちらに辿り着きました!!
母が膠原病に似た病気で人づてに進盟ルームが良いと聞き、関東でもまだ普及があまりされてなかった頃、いわきまで親子で行ったことがあります。
一回入っただけで身体がとても軽くなり、これはいい意味で何かあると母も私も思いました!
しかしながら、最近の関東近郊の進盟は活気がない(お客さんが少ない)と感じていたんですが…
なるほど、行政指導が入ったから病気治癒の話など出来なくなったんですか、納得です。
健康食品の売りつけや怪しいセミナーの誘いなどは、うちも何度となく誘われましたね、断りましたけど…(笑)
まだ立川に進盟ルームがあった頃は本当によく通っていたので、あの頃親しくしていた方達がどうしているかとても気になっています。
皆さん、それぞれ元気にしていると良いですが…
進盟ルームが体に良いというのは、経験した者にしか分からないでしょうが私は絶対だと信じていますし、進盟先生の人柄は信じて良いと感じております。
病気になったのも何か意味がある…意味あるものにしなければ…
お互いに早く良くなりますように…

長文、失礼致しましたm(_ _)m
2013年10月14日(Mon) 02:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();