わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP家族と飼犬のこと ≫ 花まる学習会の教室長

花まる学習会の教室長

今日、花まる学習会練馬教室長の松井穣先生が、
花まる学習会を退職した。

志しが高く、ご自分のしたい教育事業を始めるようだ。

今月23日に、
花まる学習会の20周年記念のイベントに、
家族三人で参加した。無料だった。

花まるが小学校を作ったら、がテーマだった。
たぶん2000万円以上か相当の費用が
開催にあたり、かかったことだろう。

長女は楽しんだようだが、
家内も私も、いったいこれは何なのか?と思えた。

結局、このイベントは、高濱正伸さんの思いだけで
突っ走ったイベントだな、と感じた。

コンサートをやりたかったのか、、

イベントは、終わった後、通常
ダメ出しすることが大事になってくるが、
残念な結果だったと気づくだろうか、、
このイベントの成果は、
よくよく分析した方がいい。

率直に言って、

すでに高濱代表が裸の王様になっていて、
これでは、若い社員たち、教室長たちは、
いずれ息切れする、と感じた。

たぶん彼らは、高濱代表をリスペクト
しているのだろうが、薄給だろう。

花まる学習会は、転機を迎えている。

早々に、社内改革しないと、
権限移譲をしないと、生き残れないだろう。

そう高濱さんが気づけるかどうかだが、
ナンバー2が、キチンと軌道修正できるかどうか、、

たぶん、そんな人物はいないだろうから、難しい。

どんな領域にせよ、裸の王様の下で
組織の発展はできないと、歴史は語っている。

本田宗一郎には藤沢さんがいたし、
宮崎駿には鈴木さんがいる。

高濱正伸さんには、誰がいるのだろう。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();