わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP第二子のこと ≫ 今ひとたびのレディースクリニック

今ひとたびのレディースクリニック

ゆうべは、9回目の川場湯に行った。
昼間からの頭痛と肩こりは、一挙にとれた。

今朝は9時半に家を出て、家内と自転車二台で、
西新宿のレディースクリニックに行った。
目的地に、ほぼ30分で着いた。

さんざん通った「加藤」とは違うところだ。

加藤は混雑していて、場の空気が重く、息苦しい。
受付は不親切だし、医師は聞く耳持たぬ人ばかりで、
なんで、こんな状況に耐えなきゃいけないんだ、
と毎回、思い知らされた。

今回のところも、「加藤」と同じ医療法人らしいが、
それ程混んでなく、待つのは苦ではなかった。

その分、自費診療で、加藤より高い。

メンズルーム、採精室に30分、
採精を促すDVDは、すこし新鮮に驚いた。

なんでこんな女の子が、、
ホントにいろいろな生き方があるな、と。

情けないほどの精液量だったが、まぁ、良しとしよう。

元気な精子は9パーセントで、
顕微受精には問題ないらしい。

しかし、3日に一回は出しなさい、と
斜視の医師に言われた。

そもそも、わたしの心のOSは、
性的なことに関心を示さなくなっている。

ガンになっとからは一段と、そうだし、
文字とおり、枯れている。

しかし、頑張ることにする。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();