わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP家族と飼犬のこと ≫ 担任の先生との面談

担任の先生との面談

最近テンプレートを変えた。
字は小さくなったが、気に入っている。

どうやら自分はオレンジ色が好きなようだ。

昨日は午後から長女が通う小学校2年の、
担任の先生と面談する。

いまのところ算数と漢字は
よくできていると好評価をいただいた。

いつも、ついつい私から話してしまう
傾向にあり、

どう家庭で学習環境づくりするか
その方針を話してしまった。

一つは
漢字検定や算数数学検定も
私も同時に受けて、背中をみせる。

漢字検定も算数検定も
4級くらいならば、
さして苦労しないだろうし。

追いつき追い越そうと
思ってくれたらありがたい。


もう一つは、
自分なりのノートをつくることを
習慣化させるようにしたい。

まずは手始めに

「間違いノート」を作ってしまおうと
思っている。

といっても
テストで間違ったプリントを
切り貼りしてノート化しておくだけのこと。

長女はいろんなノートをつくっているが
いずれも最初のほうだけで、あとは余白で
そのまんまのノートが多い。

私も同じだった。
しかもノートをとっても
見返すことはなかったが
そうはさせたくない。

継続して綴られた
ノートこそ自学自習の要ではないか。

そう気づかせたいのだ、と。

以上の2点を先生に話すと
検定の件は賛同していただけたが、
ノートの方は、まだ早いだろうと
おっしゃられた。

よく踏まえて、
ノート好きになるように
戦術を練ろうと思っている。




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();