わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPプロポリスほか代替治療 ≫ 昨日から飲み始めた

昨日から飲み始めた

昨日松野哲也博士のプロポリスが
2本、ヤマトの宅急便で届いた。

やや大きめのダンボールだった。
その中の空いた空間は
新聞紙がくるまれていて
緩衝、ビン割れを防いでいた。

また、よくありがちな
パンフレットなどは
一切入っていない。

代金の決済方法は
同封された請求書の口座に振込むか
現金書留になる。

購入者が悪意だったら
どうするのだろうと
余計な心配をした。

つまり、

すごぶる家庭内手工業ような
感じがしていて、

印象は好悪に分かれるだろう。

私の場合は、

博士の本とセミナーに参加して
いたので、ギョッとはしなかったし、
むしろ、おもしろい!と感じた。

すでに、アルコール性プロポリスの
限界を体が感じ取っていたので
好印象であった。

だが、

全く初めてプロポリスを
体験する人には抵抗があるかもしれない。

がそれも、よくよく考えれば

こうした手作り感によって、
需給バランスが
保たれるともいえる。

肝心なことは
作る側も飲む側も
その費用対効果にある
、といえる。

さて、

アルコール性プロポリスの
数倍は大きいボトルに入っている。
中は白濁した液体になっている。

アルコール(エタノール)で
分解させず、水のような分解ならば
これくらい大きさの容器になるのかと
素人目に、感じた次第だ。

瓶の表示にはこう説明書きがあった。

名称:プロポリス加工食品
原材料名:ブラジル産プロポリス
     植物性グリセリン
     食品乳化剤
     ビタミンC
内容量:500ml
賞味期限:2014.6.13
保存方法:直射日光、高温を避けて
     保管してください。
製造者:Laboratory of
Noetic Science 株式会社
    東京都国立市2-19-4

摂取方法:お好みで水やジュース、
    牛乳などに混ぜて
    1日あたり20~100ml
    目安にお召し上がりください。
    開封後は冷蔵庫に保管してください。
    よく振ってからお召し上がりください。
    ミツバチ由来の製品です。
    万一アレルギー等の症状を感じた場合は
    お召し上がりならないでください


以上

容器には
スポイトや、計る容器とか、
付いていないから
分量は別途、自分で
図らなければならい。    

昨日の朝
まだ残っていた
ミヤモトプロポリスを飲み干した。

ふだん飲むよりやや多めで
いや苦く喉奥がヒリヒリした。

そうして、昼から
「松野プロポリス」を
飲み始めた。

味はアルコールのものと比べ
数段、飲みやすい。

余談だが、、

最近、亜麻仁油をちょくちょく
なめるように
飲むようにしていて、
その結果、排便がスムーズになる
ことを実感している。

それまではオリーブ油をなめていた
が、その後味がにがかったのだが
亜麻仁油にはその苦味がないのだ、、

そうした苦味の有無と
今回のプロポリスの食感の違いは
よく似ている。


今朝は松野プロポリスを
20mlのイメージで飲んでみたが、

やはり以前のものより、
はるかに飲みやすい。

そうして思った。
私の経験知として、
最初はやや多めに摂取したほうが
より効果が出やすい、と。

ならば当分の間
1日50mlを朝昼晩の三回
1回16mlほどに分けて
のむことにしよう。

10日(6月25日頃)で
1瓶を空けることになる。


タラタラと気が向いたら飲む
という心構えではなく、
意識してキッチリ飲みようにする。

その方がわが60兆細胞に
好転作用が起きると信じて。

飲む目的は、
C型ウィルスの除去だが

その前に、もしかすると

乾癬にも、いい効果が出てくるのではないか
と予感が、今、多少している。





にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();