わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP乾癬治療の思索行 ≫ ツムラの22消風散のこと

ツムラの22消風散のこと

ひさしぶりに書く、、

乾癬治療として、
4月15日からツムラ22「消風散」を
飲んでいるが、、

まだ、なんとなくだが、

効能があるかもしれない、

と思い始めている。

例年だと5月頃から
乾癬の症状が目立ちはじめるが、

今のところ
ひたいの赤みは緩和されているし、

散らばって出ている体の赤みも
やや、おとなしめのような、
感じがするからだ。

かゆみはある。
なのでアンティベートローションは
ときおり塗っている。

だが、、

乾癬は病気ではなく
皮膚の細胞がはやく
代謝してしまうことを
意識しているせいか、

ツムラ22はその
その代謝を遅らせ、
正常なリズムに戻す効果が
あるのではないか、、

と感じている。

また、

4ヶ月以上、光線治療は
やっていないが、

今はツムラ22だけで、
いこうと決めている。

漢方薬はともあれ、
西洋医学の薬剤の、
やりすぎには慎重であるべきだ。。

とくにインターフェロンの治療の場合には、、

ほどほどにておくことをおすすめする。

自己免疫のメカニズムに
不具合が起きる可能性があるからだ、、




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();