わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP生死と人生の記憶 ≫ 須藤薫さんが亡くなった、、

須藤薫さんが亡くなった、、

今朝、友人の堀口和男氏からメールが
あった。

11日ですが、実は須藤薫ちゃんが
先日亡くなり、
その日が通夜になってしまいました。

白血病みたいなのから入って、
いくつも大きな病気に進行したようなんだけど、
詳しいことは分からない。


と、書いてあった、、

えっ、あの須藤薫さんが、、
それは、、残念でならない。。


検索すると、


「涙のステップ」…歌手の須藤薫さんが死去

歌手の須藤薫(すどう・かおる)さんが3日、
骨髄異形成症候群で死去した。
58歳だった。

送る会は12日午前10時、
東京都大田区東海1の3の1臨海斎場。
喪主は夫、敦氏。

大瀧詠一さんや杉真理さん、
松任谷正隆さんらから楽曲提供やプロデュースを受け、
ポップス歌手として活動した。

代表曲は「涙のステップ」。
松任谷由実さんの「恋人がサンタクロース」などに
コーラスで参加した。

昨年は杉さんとのユニットで
アルバムを発表していた。

とあった。

骨髄異形成症候群は、
初めて聞く病気だが、
厳しい病いのようだ。

私の主治医によると
長い時間をかけて、
貧血の状態が続いているとか、
ある程度兆しは採血検査に現れるようだ。

なると対処療法しかないようだ。


遠い昔、

友人の堀口が誘ってくれて
初めて、須藤薫さんのコンサートに行った。

大門あたり、
レストラン「クレッセント」の近くのホールだ。

須藤さんって知らないけど、、
どんな感じ?といった不遜な態度の自分だった
かもしれない。

けど、良かった、感動した。

ポニーテールが似合う丸い顔した
女性で、明るい伸びやかな声をしていた。


しばらくして、


堀口が作ったデモテープを二曲
聴かせてくれた。

昔のお台場、有明コロシアム、
門前仲町あたりを車で走りながら、
聴かせてくれた。

私は「これっ、いいじゃない」と言った気がする。


やがてその二曲は

涙のマイボーイ

涙のステップ

となり、須藤薫さんが歌うことになった。



なので、

今でも、この曲をきくと
その頃の湾岸の光景が浮かぶ、、

私の中では、
80年代を象徴するJボップに
なっていった。


それにしても、、

一度もお話したことはない人だったのに
この喪失感は、一体なんとしたことだろう、、

記憶として私の内部生命に存在していた
ということだろうか??


58歳と同じ年の須藤薫さん!
ありがとうございました、、

暫し、やすらかにお休みください。

合掌




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();