FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP健康と病いのこと ≫ ポンタールからロキソニンへ

ポンタールからロキソニンへ

昨日は薬局開設の許認可の話を聞いたが、

その中で、セルフメディケーションの話が出た。

今年から、国を挙げて、国民一人ひとりが、
自分の健康管理をしていきましょう、という
動きが一段と鮮明にしていくことになる、と。

それだけ医療費の増大化に危機感を
つのらせていて、その抑制化のに向けた動きなのだ。

具体的には、例えば
受動喫煙が無くなるように、喫煙者への禁止条項が
さらに増えるらしいが、賛成、、

さて、

日曜日、とびきり寒い日だったが、
ディズニーシーに行ってきた。

もう行きたくなかった。

長女の懇願に負けて、了解したが、、

もうディズニーリゾートには、
心底、行きたくなくなった。

おまけに朝から、頭痛がしていて、、
ディズニーシーに着く頃には、
痛みは尋常でなくなった、つらいなぁ

頭痛薬として、
長いこと使っているポンタールの
カプセル錠はもっていかなかった、

わぁ、まいったな、、

昼食のとき、家内に
「頭痛薬は何かない?」と尋ねると

「私はポンタールは合わない。
 ロキソニンなら、ある」と回答。

「それでいいから、頂戴」と頼み

飲んでみると、30分も経たないうちに
頭痛は払拭されていた。

ポンタールより効きがいい感じがした。

「ロキソニン ポンタール」で検索してみると、
同じ鎮痛解熱剤だが、

ポンタールよりロキソニンの方が
時系列的には新しく、利用者はずっと多いとわかった。

ポンタールは小児薬と処方したりしているらしい。


今、TVで、ロキソニンSのCMをやっていた。

そうか、ポンタールは
時代おくれの薬なのか、

3月の三好先生の診察を受けるときには
ロキソニンを処方してもらうことにしようっと、、




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();