わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP第二子のこと ≫ パニオンコーワ錠を飲み始める

パニオンコーワ錠を飲み始める

今朝の雪は、昼過ぎ、
冷たい雨に変わった、

近くの銭湯の温泉工事は、
掘削が始まっていた。

鈍い音を立てていたが、、
一人、期待感は高まる。

どのくらい月日がかかるか、、

温泉がでるまで、根気がいることだろう。。


家内も、第二子をあきらめていなかった、、

3月頃、再び治療を始めると、、

そのために糖質制限を始めている。。


さらにこう言いだした、、

「不妊の原因は自分ではなく、、
 どうやらあなたにある、、」と。

そこで、、

エネルギー代謝改善薬「パニオンコーワ錠」を
朝昼晩、一回一錠、一日3錠飲むようように

促された。

その説明書きによると、

ATP
アデノシン三リン酸ニナトリウム水和物と
4種類のビタミンB群が同時に配合されていて

血流を増加させ、
エネルギー代謝を高めるのだ、という。

前に、ミトコンドリアのことを調べていて

ATPが、エネルギーの産む「貨幣」のようなものと
知っていたので、

この薬で、ATPを促進する「引き金」みたいな
働きがあるのだろう、、と推測した。

家内のよみでは、これを飲み続ければ
運動率の高い、健全な精子が
醸成されるのでは、、と思っているようだ。

ただ、
効能は、疲労回復、脚気様症候群や、
関節痛、肩こり、五十肩、とあり、
男の不妊治療のことは書かれていない。。


でも五十肩が治るなら、これはいい、、

鍼灸は、先月1回行っただけで、やめている。

すでに10回くらい通ったことになる。

治るスピードが遅く感じる、、
埒があかないのだ。

自力で、何か別の手立てはないかと
思っていたところだから、、

ちょうど良かった。。

早速、きのうの夜から、飲み始めた。

今夜で累計4錠飲んだことになる。。

このところずっと、

夜、寝ているとよく右肩が
「足をつった」ときのような痛みがはしる。

まだ当分、そうした痛みはあるだろうが、、

なんとなく、

そうした寝ている時の痛みはなくなるような
予感がしている。。

なんという、、楽観主義者であることか、、


追記、

明け方に起きる右肩の、

キーンとした、
「足がつる」ような痛みは

はしってこなかった。

いいぞ、パニオンは、、

ATPの生成から考えると、
6時間おきに、
一日4錠がいいと思うので、

一週間そうやってみる。。




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();