わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 確定申告の医療費控除

確定申告の医療費控除

去年から確定申告を2月14日に行なっております。

正式には2月16日から3月15日なのでしょうが、還付申告ならばそれ以前でもよい、とあります。

が、納税額があったとしても、そんな取り決めは無視して、2月15日前に申告してしまう習慣をもつことをオススメします。

税務署の対応も、直前の今日あたりはスタンバイといった雰囲気になっていて、相談しやすいのです。

遠い昔と異なり、今や税務署は恐いところではなくなりました。

わかってそうなことでも、新鮮な面持ちで、職員の方に聞くようにしています。
すると毎年何らかの「気づき」が得ることができ、記憶に残るのです

今年教わったことは医療費控除の話でした。

パッと浮かぶのは、
①通院交通費も医療費控除OK。但し、往復電車賃といった合理的な経路
②原則10万円を超える額が控除の対象となる
③夫婦共働きならば、一括して夫婦どちらかの所得控除にできる

といった知識でした。

が、上記②は、
所得金額×5%か10万円のいずれか小さい方の額を超える部分が医療費控除の対象になる、という点にハッとして・・・

つまり合計所得金額200万円以下なら、最低基準は10万円を下回るということ。
仮に所得金額が赤字なら、全額が医療費控除となる、という指摘が新鮮でした。

私のような低所得者にとっては「10万円基準」はカヤの外においた方がよい、と気づいた次第です。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();