わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP家族と飼犬のこと ≫ 長女のケガと「ゴーイングマイホーム」と

長女のケガと「ゴーイングマイホーム」と

月曜の午後、
学童で長女が転倒して顔面を、
目から額にかけて打撲し、
3箇所、擦過して血がでてしまった。

友達の女の子と遊んでいて
30センチほどの段に足かけようとして、
すべらせ、そのときにうまく手をつけられず、
顔から落ちたようだ。

脳は問題なかった。

2日目に入り、右目まぶたが膨れ上がっている。
さぞ、気分は重いものがあるだろうが
きのうも今日も、登校していった。

算数の問題で、誰も答えなかったので、
手を上げて答えたと、
今朝玄関を出る前に言っていた。

それでいい、、堂々といきなさい。。

近所の形成外科医の診察を受け、
塗り薬をもらい、顔は絆創膏が目立つが
気にするなと。

いずれにしても
不可抗力、一瞬のできごとで防ぎようがない。

軽くて済んでよかったと見切ろう。

目に見えない何かに守られたと思っている。



きのうは「ゴーイングマイホーム」の最終回だった。

淡々としていて、なんとなく

小津安二郎の東京物語を思い出させる。

映像が美しく、ゴンチチのギターが絶妙で、
いい物語だった。。

是枝裕和さんは渋いな。

視聴率は低かったらしいけど
出演者もみなよかったし、めげないでいて欲しい。

坪井夫婦は一緒に寝ていないこととか、
ダイニング兼リビングの光景とか、、うなずいてしまう

低視聴率の理由を詮索すると、

「クーナ」の存在が前提にあることは
どうも馴染めない、といことかな?と思った。


しかし、

世の中は見えているものだけでできているわけじゃない
ということは、たしかだ。

ガンをやって、そのことを悟った。

そういえば、きのうの夢は
がんが胸に再発し、
がん細胞が肉眼で、黄緑色に発光して見えているという夢だったな。。

目に見えないものに目を向ける
そういう生き方をしようと心に決めている。


メモ:昨夜は胃の上部がキリキリ痛んだが、
タケプロンとレベニンを飲んだところ
今朝は無痛になっていた、ときには西洋薬もありがたい


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();