FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP生死と人生の記憶 ≫ 山口つとむ って誰!

山口つとむ って誰!

私は、1954年、東京生まれ、ポスト団塊世代の山口つとむ、と申します。


もっとも、このブログだけの名前です。


今から40年くらい前、その頃NHK「みんなの歌」の一つに、「山口さんちのツトム君」という歌がありました。けっこうヒットした曲でした。


まぁ、そこからパクッたといえば、な~んだアザトイ奴!とガテンがいってしまうことでしょう。が、実は、私の両親が離婚していなかったならば、「山口 つとむ」を私は名乗っていたのです。歌がヒットする10年も前の、私の名前でした。


で、ずっと忘れていたのですが、このブログに始めるにあたり、ふと、こう思ったのです。


自分の病は、たぶん一生つきまとう病であり、ちょっと前なら、それこそ「死に至る病」だった非A非B型肝炎・・・その治療はある種ライフワークであるなら、ブログの名も生まれたときの氏名でやってみよう、と思ったのです。


なんとなく、これが既に亡くなっている父親に対する供養であり、多少義理をとおすことにになるかも、と思えたのです。


それに、山口つとむ、という名前はを結構気に入っています。五木寛之が書いた小説(たしか「レッスン」だったか)の主人公はたしか「山口ツトム」だったような記憶があります。童謡だけでなく、男の名前としても、なかなかいい響きがあると思えます。


つらつら、どうでもよいことですが、永く持続させる(絶対20年以上続けるぞ!)ブログですから、時がたつにつれ、その名前にしたことに、また別の意味が感じられるかもしれません。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();