わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPプロポリスほか代替治療 ≫ 超臨界抽出プロポリスのこと

超臨界抽出プロポリスのこと

プロポリス関係の書籍は
症例ごとプロポリスの効果を示すものが
圧倒的に多い。

佐藤利夫著
よいプロポリスの見分け方、選び方け
現代書林

もまた、実証の症例から始まる。
がこの本のねらいは
超臨界抽出プロポリスが一番優れた
抽出法であることを示す点にある。

超臨界抽出法とは
二酸化炭素を超臨界状態(これは
これは気体と液体両方の性質を
兼ね備えた状態をいう)にして
プロポリスの原塊を溶解させて
エキスを抽出する方法をいう。

抗がん物資のテルペノイドなどの脂溶性
成分を引き出すのに優れた方法らしい。

アルコール抽出法と比較して、
超臨界抽出法はプロポリス濃度は
10倍も薄いにもかかわらず、
強力な抗炎症作用を示す。

ヒアルロニターゼ活性阻害率という。

超臨界抽出プロポリスは飲みやすく
不快感なく、アレルギーの発症の心配はないらしい。


ただし、販売価格が高いのだ。


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();