FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 最小不幸社会

最小不幸社会

ログ入力2012/06/07

作家宮本輝は「真夜中の手紙」の中で、最小不幸社会のことを
次のように言及しておられる。


最小不幸社会」・・・。
いったい何を不幸の最小とするのか、訊いてみたいけど、
ろくな答えが返ってくるはずはないですね。

軽薄な言葉しか持たない人は、その根底に軽薄な思想が潜んでいるからです。
深く相手の身になって考える人は、ひとことの言葉が人生を左右することを知っていますから、
しちむつかしい熟語の組み合わせなんかしないのです。
ならばなぜ「最大幸福社会」を作り上げようと言わないのか。

きっと、人間にとって何が幸福で何が不幸かを考えたことがないんでしょう。



そしてこのあとに続いて語られたエピソードが心に残る

シルクロードを延々と旅していたとき、人はいったい何を幸福と感じて生きるのであろう、
というある映画評論家の随筆の一節をよく思い出しました。

タシュクルガンという辺境の町は中国とパキスタンとの国境の町でもあるのですが、
もともとはタジク族の地です。標高3700メートル。
富士山のてっぺんと同じ高さのところに、いまはタジク族だけの集落が造られています。
タジク族は遊牧民で、ラクダに乗って移動をつづけながら生活をつづけて来ました。
気質は烈しくて、いつでも刀を抜いて敵と戦うことに躊躇しないと言われています。
金髪の少女もいれば、目の青い少年もいます。
標高3700メートルの集落には夜は夏でも冷たい強風が吹き付けて、
たった一軒きりのホテルに暖房はなく、ぼくはセーターを2枚重ねてベッドに横になっていました。

すると風のなかから人間の泣き声が聞こえてきました。時計を見ると2時でした。
タジク族の女が泣きながら歩いていました。そのあとを7,8歳の男の子が追って来て、
女にしがみつきました。
母と子だなとぼくは思いました。
そして、男の子は母親の手を引いて集落へ帰ろうと促すのですが、
母親は泣きながら歩を停めようとはしません。
どこへ行くというのだ。ここから先は何もない。風の吹く大平原しかないではないか。
そう思って見ていると、母と子はともに泣きながら星のかたまりのなかに消えて行きました。
手の届くようなところに無数の星が光っていて、
まるで親子がそのなかに溶け込んでしまったように見えたのです。
しかし、20分ほどたつと母と子は手をつないで帰って来て、
自分たちの家がある集落のほうへと戻って行きました。
通りにひとつだけ灯っている裸電球の光で母親の顔がかすかに見えました。
小さな子と何か話しながら笑っていました。
男の子も30半ばくらいのその母親にまといつくようにして笑い返しました。
闇の中の、土を固めて作った家々が並ぶタジク族の居留地に消えていく母と子は、
じゃれあっている子犬のようでした。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();