わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP乾癬治療の思索行 ≫ 炭水化物依存症

炭水化物依存症

きのうから
江部康二先生の
「糖尿病がよくなる糖質制限」
(ナツメ社、2010/12)を読んで、
いろいろ知るところが多い。

私は糖尿病患者にはまだなっていないが

炭水化物依存症である

ことがわかった。

□食べることばかり考えている
□食事で満足感が得られない
□食後2~3時間以内に何か食べたくなる
□疲労感が常にある
□精神的に不安定なことがある
 (不安、怒り、感情の高ぶり)

などの症状があると炭水化物依存症なのだという。
今現在は該当しない項目もあるが、ほぼあてはまる。

(私より家内の方が、バッチリ当てはまるし、
 依存度が高いのだが)

それはさておき、
糖質と炭水化物との違いだが、、

炭水化物<糖質<糖類というカテゴリーで、
糖質は炭水化物に含まれる、とわかった。

炭水化物=糖質+食物繊維

糖質=多糖類(デンプン、オリゴ糖)
   +糖アルコール+合成甘味料+糖類
糖類=単糖類(ブドウ糖、果糖、ガラクトース)
   +二糖類(砂糖、麦芽糖、乳糖)

家内から言われた…
「ごはん、ぱん、ラーメン、パスタ、ピザ
と、ア-ンタは自分大好き、
炭水化物がだいすきだもんね」

私はうなずきながら、見返したら、、

「ええ、私のことは、棚に上げて言ってますよ
 炭水化物って腹もちがあっていいからね」
と家内は返してきた。

(わかっているなら、糖質制限しなさいよ、
 ほっておくと糖尿病になるからね、、)

とは言えなかったですね、、ハイ、、


大腸がん ブログランキングへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();