FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP乾癬治療の思索行 ≫ 糖質課税の提言

糖質課税の提言

朝日新聞、2012年2月6日付けで
USAで砂糖に課税しようと議論が上がっている旨、
記事があった。

検索すると次の通り、、、

「砂糖は毒」として、
米国の小児科医らがたばこや酒のように税を課すべきだとの意見を
2日付の英科学誌ネイチャーに発表、
砂糖や飲料の業界が一斉に反論する事態になっている。

世界中で増加する糖尿病や心臓病の原因について、
カリフォルニア大学のラスティグ教授らは、
肥満だけでなく「この50年間で砂糖の消費量が3倍増えた
として「砂糖の消費と関係している」と主張。

過剰摂取による肝臓への毒性や依存性、その結果
もたらされる社会への悪影響を挙げ「たばこや酒と共通している」
と指摘した。

安くて味がよくなるため、
「製造業者に添加量を減らす動機付けがない」として、
ジュースや菓子に添加される砂糖への課税や子どもへの
販売制限などを提案した。実際、食品に含まれる飽和脂肪酸への課税を
昨年導入したデンマークが、砂糖に対する課税を検討しているという。

これに対し、米砂糖協会は統計の取り方に問題があるとして
「非科学的で無責任」と反論。
「肥満は食べ過ぎと運動不足が原因で砂糖だけを問題視するのは間違い」と訴え、
「健康になることは楽しみを奪うことではない」という子ども向けに
食育活動を展開しているミシェル・オバマ大統領夫人の言葉を紹介した。



この議論は青少年を対象にしているようだ。

だが、

ここで提案しておきたい。
(ある看護師さんが言っていたことを
敷衍しただけなのだが、、)

・40歳以上を対象にして外で飲食した場合に
 糖質摂取に対して、消費税方式ではなく
 温泉の入湯税みたいな課税をする。

・その税収は医療費の財源にする。


そういう議論を、政治家に期待したい。
議論する価値に気づいてもらえたらいいのにな、、


大腸がん ブログランキングへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();