FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPプロポリスほか代替治療 ≫ 病気をおこす脳、病気をなおす脳

病気をおこす脳、病気をなおす脳

今朝に体重は63.5㎏で
昨日より増加している、妙だ。

ようやく松野哲也先生の
「病気をおこす脳、病気をなおす脳」
(中央アート出版社,2004/2)を
読了したので、ノートを作っておきたい。

実は図書館から長いこと借りている本だった。


◎病気に関する現代人の常識の
 いちばん大きな誤りは、
 医療システムと医療情報への盲信と
 過剰なまでの期待にあるのではないか
 と思われる。

◎病気とはからだの部分的な器官のものであり、
 機械の部品のように治してもらえるものだと
 思いこみ、自らのからだを、モノとして
 いとも簡単に、医師の手に委ねてしまう。
 これは「医療産業システム」がつくり上げた神話
  にほかならない。

◎プロポリス成分を難病に対する医薬品として
 開発することが夢であった私にとってもまた、
 薬で病気を治すという現実的かつ常識的な
 発想そのものが、同様に「医療産業システム」が
 つくり上げた神話に基づいたものだった、、
 
 それに気づかず、自己不全感に悩みつづけ、
 自ら大腸がんまで作ってしまったのは
 無知としか言いようがない。


(この独白に、深く内在する人生の不思議を
 垣間見た気になる)


◎私たちのからだのには、生命にかかわる重大な
 危機に遭遇したとき、全力を挙げてこれに対処
 し、修復・再生する無意識裡におこなう
 「治癒システム」の能力が備わっている。

◎何が奇跡的治癒もたらしたのか?その独自性こそ
 「治癒システム」の謎をとく鍵である。
 そのシステムは各人の根元的な本性に根ざし、全体性を目ざす
 衝動…自己調和への志向、自己そのものを感じ取り、
 あるべき姿を取り戻すというかたちを通じて実現する。

◎科学が社会規範であるとの暗黙の了解があり、私たちは
 自らを閉じ込めていて、生の切り下げに向かっている。

◎科学や技術は、生きる生命の分割することになり、
 生命の本質をつかむことはできない。。

 (ガンになったことで、これはホントに実感した)

◎生命現象とは、分析したそれぞれの構成要素や各部分の
 はたらきの総和を超えた特性をもつ、非線形的なプロセス である。

◎脳は錯覚し、脳は物語を求める。

◎プラシーボ反応によって治癒システムのスイッチが入いる
 ことにより治ったのであれば、その人自身のこころの
 作用で治ったといえる。

◎プラシーボ反応であればあるほど、そのはたらきは
 むしろ真正なものであり、本来ならば、いかにその
 反応を引き出し、使いこなすかかできるかを調べる
 ことこそ、医学が研究すべきテーマである。


 (プラシーボ反応に対する医学上の価値の転換は
  脳科学によって、はかられるかもしれないな…)

◎脳の治癒システムにスイッチを入れるには
 「もう打つ手がない」といったショックが
 引き金になる。

◎脳で「薬」をつくり出す。薬はすべて体内にある。
 (これは松野先生の経験による確信的な知見だ
 なぜなら、ご自身の大腸がんは検査のみで
 特性のプロポリスを飲むことと
 リフレクソロジーだけで治してしまわれたからだ)


◎「自律的プラシーボ反応」とは意味あるものへの
 無意識的な期待であり、必然的実感である
 
 それは大脳皮質、大脳辺緑系、大脳基底核、小脳を
 連結するニューロン回路の流れを、インプット
 アウトプットの調整を行うことによって整えて
 きわめて精巧な機械である脳本来のの無意識的
 かつ自律的はたらきを活性化させる。

◎そのうえで、快感中枢を刺激し、生理化学的反応の
 流れの座標軸を変えて、それを治癒の方向へと
 向けるのです。

 (患者にとってはここからがキモで
  一種の訓練法が提示されているがノートはしない)

◎今、この一瞬を、永遠の今と感じ取ることが
 「マインドフルネス」という意識であり、
 「A10神経」という快楽神経につながり、
 奇跡的治癒をもたらす。。

以上だ。ノートしてみると
見落としていた言葉があり、新鮮であった。

気憶の底に沈めて、揺り戻しがあったなら、、
この本を買うになるのだろう、、

絶版になっているかもしれないが
ひとまずは買わずに寝かせるのだ


大腸がん ブログランキングへ

Comment

そうですね
編集
しんさん

> 実質今日からですね。

そうです、きのうから頑張り
はじめました。

>どうしても糖質を摂られる場合は出来たら朝か昼が良いらしいですよ。

了解しました、もしものときは、そうします。

それにしても、街にでると
コンビニにととまらず、
どこでも、、糖質だらけだな、と
目に入ってきてしょうがありません。。

山口つとむ
2012年05月26日(Sat) 13:17
編集
こんにちは、しんです。

昨日はお昼に大福、夜に酒粕とバナナを食べておられるので糖質制限にはなっていないと思います。

実質今日からですね。
頑張ってください。

どうしても糖質を摂られる場合は出来たら朝か昼が良いらしいですよ。活動時間帯の方が血糖値が上がり難いそうです。
2012年05月25日(Fri) 13:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();