わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 江部先生ブログに、質問してみた

江部先生ブログに、質問してみた

気づいたら
何でもやろう精神で、
本日江部先生のコメント欄に
以下の質問をしてみた


江部先生へ

はじめまして、1954年生、東京在住の者です。

宮本輝さんとの対談本をよみ、
また「しんさん」という方から教えていただき
このブログにたどりついた次第です。

江部先生がコメントに応えられる姿勢を
リスペクトいたします。また自分のブログ
「ケトン体と糖質制限」という記事を本日
載せました。

私は糖尿病ではありませんが、
2010年5月に直腸がん手術をし
2年たった現在転移なくすごせております。

ただほかに乾癬とC型肝炎を患っており
ます。今般、乾癬に対する
糖質制限の効果を信じて
4日前から「ゆるやかな糖質制限」を
チャレンジしています。

が、きのうきょうと
糖質をとってしまいました。
そこで2つ質問があります。

1.糖尿病でない乾癬患者の場合は
 どの程度の糖質制限をしたらよいのでしょうか。
私は酒はあまり飲みませんが、ごはん、
パン、麺類は大好きです1日3食のうち、
1食だけ糖質制限でも改善があるように思うのですが,
いかがでしょうか?

2.私はウィルス量の多いC型肝炎患者ですが、
 糖質制限とC型肝炎との、何か知見が
 おありでしょうか?エビデンスの類はないことは
 想像できるのですが、経験知で何かあれば
 ご教示ください。

以上、よろしくお願いいたします。 


すると、さきほど、即答で、
江部先生より回答のコメントをいただけた。

下記のとおり

山口つとむ さん。

「糖尿病でない乾癬患者の場合」

個人差がありますが、やはり効果はスーパーが一番あります。


「私はウィルス量の多いC型肝炎患者」
C型肝炎というウィルス感染には糖質制限食でもたちうちできないと思います。


江部先生のブログをみると、
乾癬に対する江部先生の知見は、2点だ。

精製炭水化物の過剰摂取が
尋常性乾癬のもっとも大きな要因で
牛肉と豚脂が少し関わっている

騙されたと思って、兎に角1ヶ月、
糖質制限食やってみて下さい。



さらに食事療法について

「このブドウ糖ミニスパイクが、
生体の恒常性をかく乱して
アレルギー疾患を悪化させたり、
将来の生活習慣病のもととなります。

過去世界中にいろんな食事療法がありましたが、
経験的に有効とされているものは、
玄米菜食、ゲルソン療法、甲田療法など
基本的にブドウ糖ミニスパイクが少ない
という一点で一致しています。

私は現在、世界に氾濫する生活習慣病の元凶は、
精製炭水化物やジャンクフードによる
グルコースミニスパイクとインスリン過剰分泌
と考えています。」

とあった。


ともあれ、回答をくださり、
率直に、ありがたいと思った。


やはりか、、

次は乾癬治療、コントロールに思いをさだめ、、

最後の戦いは、、

このブログの立ち上げ時に戻り
C型肝炎の治療戦略となると理解した次第。。



大腸がん ブログランキングへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();