FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP尊敬する人物について ≫ 森敦の深い知見にリスペクト01

森敦の深い知見にリスペクト01

最近は作家森敦さんの知見にとりつかれている。
その知見と病気の治癒は深い縁があると思えるのです。

もっとも、森さんは医者でもないし、
腹部大動脈瘤破裂で「金玉が痛い!」と叫ばれ、
そのあと「しずかに」にと言われて、
ほどなく絶命されたという、、享年77歳。。


あくまで勝手に自分が思いこんでいること
関心あることに絞るにすぎませんが、、

(全体的な文学評論をしようなどど
 さらさらありませんし、できません)

森敦の思想のおもしろさを
を継続的に、、掲げていきたいと思います。


日本人は森敦さんを埋もれさせていけないのです。
夏目漱石や森鴎外を凌駕する文学者なのですから。。


まずは、、、

たまたま連休中、野沢温泉の方に行った際、初めて、
新井満さんの「森敦-月に還った人」を読みました。

新井さんは1946年新潟生まれの芥川賞作家ですが、
「千の風になって」を作詞作曲し、爆発的に売れたように、
サティが好きな音楽プロデューサーのようなイメージでした。
正直言って、全く関心はありませんでした。

実は、この本は3年くらい前、図書館の廃棄図書の書棚
にあったのを(あ、森敦の評論を書いているのか)と思い、
持ち帰って手つかずにおいてあったのを、なんとなく
今回読んでみたのです。
アマゾンをみると、新刊本の在庫は既にありませんでした。

一読してビックリ、じわじわ感動が今も続いています。

新井さんが栄えある電通のサラリーマンに終わらずに、
今日あるのは、森敦との出会いなくしてはありえなかったのでは、
と思わせるほど深い師弟関係にあったことがわかったから、
だけではありません。

過剰な感情移入を抑制し、たんたんと書かれていて、
森敦の立ち居振る舞いが鮮明に浮かんできたから、
だけでもありません。

なんというか、、
一迅の風が吹いた後のような、解像度の高い、
森敦の実像を示す不思議な本でした。

以下、マーカーしたところをを掲げます。

・小説「月山」は華厳経の哲学をかいたのですよ。
・ザ・スウィングル・シンガーズの1966年「ヴァンガード広場」の中の
 「G線上のアリア」を5回聴いて「忘れかけていたけど、
 思い出したよ…幽玄の文体を、さ。富子、聊齋志異もこれだね。
 この感じで書けばいいんだ」
・「君には光るものがある」
・「そういう土地土地には必ずびっくりするような人物がいたものですよ。
  君ね、地方のほこりを失ってはいけませんよ」
・「文学をやる上で忘れてはならないことは、
  必ず文学上の親を持たなければいけない」
 「まずは文学上の親を探すんです。そこから子としての自分が生まれるのです。
  文学的遺伝子も遺伝するのです。」
・「新人というのは、ジャンルを拓く人のことなんです」
・「できるかできないかわからなくて不安かもしれないが、
  いっぺんとことんやってみなさいよ。ためしてみるんですよ自分を、
  自分の才能を、自分の人生を。ぼくは信じているんですよ。
  あなたはきっと何かえらいことをやってくれる人だと…」
・「男というものは、大なることを目ざして生きなければいかんのです」

まだまだいっぱいありますが、長くなるので、あと二つ、、


小説「月山」の中で、こう書かれている

「死とは死によってすべてから去るものであるとすれば、、
 すべてから去られるときも死である 
 といってよいに違いない」

難しいでしょ?たぶん、、
死に対するパラダイム・シフトを求めているんですよ、
この言葉は

すべてからさられるだけで、さられたあとの自分は依然としてある、つまり不死、、
そう私は解釈しています。。


なので、


もう一つ、、
新井さんの「千の風になって」は、
「そこにはいません」「死んでなんかいません」とうたっているのは、、
森敦さんの知見にたいする、新井さんの返歌に思えてならないのです。

そうした哲学的知見を森敦さんの
「意味の変容」を解読することで、自分の言葉にしてみたいと思う次第です。


大腸がん ブログランキングへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();