わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP乾癬治療の思索行 ≫ 藤澤皮膚科の初診

藤澤皮膚科の初診

昨日午後より、初めて
大泉学園の藤澤皮膚科の診察を受けた。

駅北口から2分程度のところにあり、
ビル2階に上がり、扉が開くと、すぐ受付があった。

ここは予約制ではない。

患者さんがけっこういる感じがして、
どのくらい待たされるのか、いらだちがあった。


待つ間・・・

「我ら糖尿人、元気なのには理由がある」(東洋経済新報社)
を読んでいた。
作家宮本輝さんと医師江部康二さんの対談をしている本である。

私は、今のところ糖尿病ではないが、、
糖質制限食のことを知りたかったのだ。。

糖尿病治療には、飲んでいい酒といけない酒があることを知った。
ビール・日本酒はいけない、、とあった。

乾癬患者にとってもビールはダメと、最近知ったので
その理由に重なるものがあるのではないかと思った、、


それはさておき・・・


藤澤皮膚科は結局1時間10分待つことになった。

やっぱアトピーの患者が多いな、と感じた。

受付の近くのソファーに腰掛けていたので、
受付と患者さんのやりとりが耳に入る。

「明日から北海道、豊富温泉にいく」と
うれしそうに話す男性がいた。。

また、かなり重いアトピーになっている赤ちゃんが
二人ほど見かけた。痛々しい、、

ここは生後6か月未満だと、受付順ではく、
すぐに診察が受けられるルールになっていた。。


ようやく、藤澤先生の診察コーナーに入って、、

1995年頃から発症し、、つけている薬を見せ
UVBの照射が目的で来たことを告げると、、

まず先生は、首からぶら下げているデジカメで
私の身体の病変部の写真をとり始めた。

「定点観測しないと治癒の進み具合がわからないでしょ」

(おもしろい、考えてみればそうだ、、
 自分でも携帯のデジカメで撮っていたな、、
 でも過去に皮膚科の先生で、定点観測してくれた
 先生はいなかった。藤澤先生は違うな…)

「乾癬はなかなか時間がかかるからね」

「ステロイドはダメです」
(私もそう思っていましたので)
「共感してます」と伝えた。

「UVBよりさらにいいエキシマがある、その二つをやります」
と言われ、説明するチラシをくれ、3階にある処置室を
案内された。

チラシはHPにも掲載されていたが、HPのは読みづらいので
これをあとでじっくり読もう、と思った。

3階に上がると間もなく、
「全身型ナローバンドUVB」の所に通された。
立ってカプセルに入り、360度照射される機器だった。

ドイツ製WaidmannUV7001B-TL01という型式で
UVB灯が40本入っていた。

(吉祥寺の皮膚科の機器と比べ、はるかに良い)

照射は20秒だった。

そして次がエキシマという機器を使い
ベッドに横になって、看護師さんの手作業で
全身くまなく病変部を照射してもらった。

(これゃ、いいぞ)と直感した。

チラシには、こう書かれてあった

エキシマは病変部のみピンポイントに照射でき、
正常部位への色素沈着や副作用のリスクは
極めて少ない。

光のエネルギーは照射部位までの距離の二乗に
反比例して弱くなる。

弱い光をいくら照らしても遠くまでとどきませんが、
強い光ならば一瞬であっても遠くまで照らすことができる。

エキシマはワンショットで表皮全体に
高輝度の強力な光を届けることができる。



「この機器は人気あるでしょ?」と看護師さんに
聞くと、その通りで、
「最近1台増やして2台入っている」と教えてくれた。


遠方からここにくる患者さんも多いらしい、、
なのに、、

「なんでもっと前に、ここに来なかっただろう、、
 こんな近くにあったのに」

とつぶやいてしまった。。


初診料は1,830円だった。

満足だ、、状況はのみこめた。

(吉祥寺の皮膚科よ、さらば)

今週金曜も、照射しに来ることにしよう。。


大腸がん ブログランキングへ

Comment

編集
しんさんへ

重ねてのコメント、ありがとうございます。
江部先生のブログを少し読みました。

糖質制限こと、乾癬のこと、リュウマチのこと
すごく参考になりました。

私も、徐々に糖質制限しようと思います。
2012年05月17日(Thu) 16:28
編集
偶然ではないです。

糖質制限のブログを検索して、たどり着きました。

私は血糖値が高めで境界型または初期の糖尿病から、正常の状態になりました。
約半年で体重も12キロ減りBMIも正常値になりました。

江部先生のブログに、尋常性乾癬がほぼ治った方が投稿しておられ、江部先生もそれを取り上げておられます。
またがん細胞はエネルギー源に糖しか利用できないこと、インスリン自体にがん発生のリスクが存在することから、癌の食事療法として糖質制限食の可能性を示唆しておられます。
江部先生自体、身近な人に癌が発生した場合どういった食事を勧めるかとの問いに、糖質制限を挙げておられます。
 またリュウマチが快癒した例も読者の方からコメントが寄せられているようです。
 江部先生の病院でもリュウマチ科があり、症状の軽減等の例は経験されているようです。理論は詳しくは解らないようですが。
 これらにはまだエビテンス(医学的根拠)と呼べるほどの研究はされていませんが、他にそういったエビテンスのある食事療法がない事、理論的な推定がされていること、実験レベルでの抗癌作用が実証されている、アメリカである種の癌に対する臨床試験が行われている事、副作用がほとんどない無いことなどから、試される価値はあると思います。
 参考になれば幸せです。
2012年05月16日(Wed) 22:17
Re: タイトルなし
編集
コメントをくださり、
ありがとうございます。
なんというタイミングでしょうか。
きのうきょうとと
江部先生と作家宮本輝の、糖尿病の対談本を読んでいたところです。

> もう知っておられると思いますが、江部先生のブログに尋常性乾癬の記述があります。
> 糖質制限とトランス脂肪酸を摂取しないことで快癒した方もおられるそうです。
> http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-92.html
>
江部先生のブログはまだ読んだことがありませんでしたので、、
早速読んでみますね。

2012年05月16日(Wed) 21:09
編集
初めまして、しんといいます。

もう知っておられると思いますが、江部先生のブログに尋常性乾癬の記述があります。
糖質制限とトランス脂肪酸を摂取しないことで快癒した方もおられるそうです。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-92.html

トランス脂肪酸は反芻動物の油脂にも含まれるそうですのでこの方は牛肉を食べないそうです。

またがん予防や治療の可能性、リュウマチやアレルギーが改善する例もあるそうです。

もし参考になりますれば。
2012年05月16日(Wed) 01:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();