わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 南雲吉則さんの本

南雲吉則さんの本

先日久しぶりに三鷹の書店に入ると
南雲吉則さんの本が目に入った。

人気の医者らしいが
全く存じ上げなかった。

52歳なのに若々しい画像で
本が売れているとすれば、
ビジュアル効果だろうな、と思った。

ちらっと見た本は
『「空腹」が人を健康にする
  1日1食で20歳若返る』
サンマーク出版(2012年1月)で、

以下、アマゾンからコピペして目次を並べると

1.人類の生き残りのカギは「生命力遺伝子」
2.水を飲んで太るワケ
3.細胞を修復してくれる「サーチュイン」
4.食べ過ぎこそ病気の始まり
5.満腹には適応できない現代人の体
6.糖尿病人類の進化の証
7.糖尿病でやせる本当の理由
8.危険が迫ると脳細胞は活性化する
9。寒いとなぜ体がガタガタ震えるのか
10.必要以上に蓄えられている内臓脂肪
11.メタボが寿命を縮める理由
12.「一日一食」は究極の健康法
13.食事の量を減らすカンタンな方法「一汁一菜ダイエット」
14.一日一食にムリなく移行するには
15.一日のいつ食べるのがいいか
16.一日一食なら、何を食べてもOK
16.お腹が「グーッ」と鳴るのを楽しむ
16.空腹時にお茶やコーヒーを飲んではいけない
16.「一日一食」でなぜ栄養不足にならないのか
17.「一物全体」で完全栄養を摂る
18.野菜に捨てるところなんかない
19.世界が注目した日本の伝統食
20.今こそ「丸ごと食」の原点に戻るとき
21.青魚の脂はなぜすぐれているのか
22.本当に一日30品目食べなければいけないのか
23.メタボにならないための4つの条件
24.砂糖の摂り過ぎは確実に寿命を縮める
25.動物が獲物に塩をふって食べない理由
26.「健康にいい塩」などない。
27.カルシウムは「歩いて」補う
28.美しくなければ健康じゃない
29.一日一食の一日の流れ
30.お腹が鳴る秘密と効能
  ①一日一食を始めた最初の効能
  ②腹ぺこホルモン「グレリン」の登場
  ③体中の遺伝子の修復が始まる
  ④超善玉ホルモンが脂肪を燃焼させる
31.一食を食べたときから「やせホルモン」が出る
32.体重がみるみる減るだけではない、この効果
33.ごはんを食べたら、すぐ寝よう
34.若返りのための「ゴールデン・タイム」
35.冬眠明けの熊はなぜすぐ起き上れるのか
36.体内時計は朝日を浴びるとリセットされる
37.すっきり目ざめるコツ
38.朝起きてからすぐ水を飲む必要はない
39.健康のためのスポーツはしない
40.ふくらはぎと背中の筋肉が「血液ポンプ」
41.たった3分間で一万歩分歩ける
42.酒飲みに朗報?休肝日は必要ない
43.スイーツも酒も、高価なものをちょっぴりと
44.体の温め過ぎは「冷え性」のもと
45.体温を上げても免疫力はアップしない
46.熱が出たら薄着になる
47.「嫌い」に「好き」を組み合わせる
48.花粉症には「口呼吸」が効く
49.オンとオフの切り替えを明確にする
50.すぐに眠りにつける魔法の呪文
51.偉大なるワンパターン生活
52.自然界の生き物たちを見習う
53.「過ぎない」生活を、感謝をもって
54.なぜその物質はそこに存在するのか
55.日本人が「一日一食」を実践する意味
56.あなたの人生、このまま終わってもいいのですか
57.最期まで「健康・元気」に過ごす
そしてエピローグとして
若さと美しさは内面の健康の表れ

でしめくくっている。
目次だけみれば、おおよそ見当つくものもあるが、、
青字はなぜ?と思わせるものだ。

それとサーチュインを「生命力遺伝子」と
意訳したところが、うまいなと思えた。

あと「内なる声」を聞けと書いてあった。

あぁ、私のいう
「60兆細胞をコントロールする司令塔」とは
「内なる声」と同じだなと思った。

そういう存在はたしかにあるのだ
今朝目ざめたときもそう感じた。

自分の乾癬が緩和してきていたからだ。

今の自分には、
手元におかなければいけない本は
激減していて、、
この本も図書館で借りで
いくらでも順番待ちすることにしよう。


大腸がん ブログランキングへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();